読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにか新しいこと日記

都内で働く30代キャリアウーマンが新しいことにトライしてみた日々の記録。

『深夜のダメ恋図鑑』を読んだら、イラっとした。

マンガ大好きジョヴァンナです。

 

お断り:  このエントリーは個人の感想を述べているものであり、作品の評価を貶める意図は全くございません。もし読んで気を悪くなさった方がいたら、ごめんなさい。予めお断りしておきます。

 

ちょっと前からスマホのパーソナライズド広告で見かけて気になっていたマンガです。

深夜のダメ恋図鑑 (フラワーコミックス)深夜のダメ恋図鑑(2) (フラワーコミックス)

絵柄は少女マンガ風。巻き髪&まつ毛メイクもバリバリの婚活女子がクズ男のおバカ発言をバッサリ斬るシーンで煽りまくっています。

 

相当売れてるみたいで一時は品薄になったらしく、メルカリ売価が高騰していてビックラこきました。2冊で定価926円のマンガが中古で1,300円!?

f:id:giovannna:20161007205940j:image

kindleで買えば定価だしすぐ読めるんだけど、やっぱり紙の本が好きだから書店で普通に購入したよー。

【目次】

 

私がスカッとできなかった理由

モラハラ男を一刀両断する「スカッと」エピソードとか、毒親からいかに逃げ出したかの苦労話が好きで、しょっちゅうまとめブログを読んでいる私からすれば大好物な話かと思いきや…

全然、スカッとできなかった!! 

むしろ、元カレから頂戴した数々のモラハラ発言が脳裡によみがえってイラッとしました。

 

1番良くないのは、主人公の佐和子が大バカ野郎の彼氏とちっとも別れないんですよ。何度もムカつくことをされて家から叩き出したり、土下座にも「どれほどの価値が?」と言って切って捨てているにも関わらず、次のエピソードになるとまた一緒に暮らしているという…。

WHY、ジャパニーズピーポー?

 

私の人生においてあらゆるモラハラ発言を受けても甘んじて耐えていたムダな1年を思い出し、「早く別れてー!!」と心で叫びましたよ。

自分と佐和子を重ね合わせ、佐和子のように鮮やかに言い返せなかった自分もふがいなく思えるし…。私にとって精神衛生上、よろしくないマンガでした。

 

『ダメ恋』の意義とは?

このマンガ、たぶん過去に同じ被害を受けた女性には笑えないんじゃないだろうか…。それとも、私だけ…?

 

でも、いま似たような目に遭っていながらモラハラに気づいていない女性に、
「ヒッドーイ!! (笑) でも、こいつ私のカレと同じじゃん!?」とか
「あんたの彼氏、こいつと同じでモラハラじゃないの? 言い返せよ!!」とかいうふうに友だちに気づかせる役には立ちそうです…。

 

モラハラの渦中にいるときはすごーくいやーな気持にはなるけど、それが暴力であり、搾取なんだって気づかなかったりするもんですよ。

 

これから出会うかもしれない、あらゆる「モラハラパターン」を読者に教える学習マンガの意義ももしかしてあるかも!?

 

注意すべきは、これはフィクションだから、読んだ人がスカッとして笑えるように書いてると思うんだけど、あくまでもDVがない世界だから言い返せるんですよ。実際には、男性をここまで煽るっていうのは危なくてできません!!

 

もしも、モラハラ男と出会ったら…

もしも、合コンや婚活で。あるいは職場で学校で。ナチュラルボーンモラハラ男と出会ったら…。

「あなたとはおつきあいできません!」とキッパリ断って、逃げるべきだと思う。

 

男女問わず、また恋愛以外にもあらゆる場面で「これってモラハラだよな…?」って感じることはあります。

まあ、モラハラ濃度によってもちろん対応は変わるよね。濃度が低ければ強気で言い返して毅然と対応すれば、切り抜けられることもあるかな。

 

でも、相手が100パーセントモラハラ人間と気づいたら、下手に刺激せずさっさと逃げよう!
恋人でも、夫婦でも、親でも捨ててよし!!と思いますよ。