なにか新しいこと日記

都内で働く30代キャリアウーマンが新しいことにトライしてみた日々の記録。

『中国嫁日記』トークイベントに参加しました。

ジョヴァンナです。

2016年11月26日、新宿文化センターで行われた『中国嫁』シリーズ作者のトークイベント『出産おめでトーク 中国から逃げてきました』に参加してきました。

f:id:giovannna:20161204215909j:image

井上さんのブログでイベント開催情報を知り、オンラインでチケットを購入して行ってきました。Feedly入れといて、良かった!!

【目次】

 

ごく小規模のイベントでした。

受付で名前と予約番号を伝えたら簡易的なチケットをくれて、パイプ椅子に貼ってある番号と照らし合わせて着席する方式でした。

 

f:id:giovannna:20161204220140j:image

前売2,000円、当日券は2,500円。

60〜80人位参加していたように思います。会場貸切の費用とスタッフが司会1名、カメラ1名、受付2名。(何名かは井上さんの身内とかかも…。)間にイベント会社を入れて、会場を押さえたりチケットの販売とかはその会社が代行しているようです。

このイベントで作者はどのくらい儲かるのかな。10万円位かな、とかそんなことばかり気になってしまいました!

 

原稿押してるのにトーク後に懇親会までやっちゃって果たして間に合うのか!?とかね!!(井上さんのトークによれば、書き下ろし部分がネームだけで作画は何も手をつけておらず、一週間で50ページ描かなきゃならないと言っていました。やっぱイベントやってる場合じゃないじゃんか!!)

 

私が井上純一氏のイベントに参加した目的

私はマンガ『中国嫁日記』のファンであり、井上さんが製作しているフィギュアには興味がありません。ただし個人事業主だから、商売の仕組みや収支、共同経営者にカネを持ち逃げされた顛末・その後には興味があります。


そういう視点で何の話であれ、おもしろそ〜と思って、参加申し込みしました。(イベントのみ参加です。)

 

実際行ってみて、案の定男性ばっかりでしたよ…。中年男性1人で来ている人ばっかり、女性は数人しかいませんでした。

ここに来ている人は、たぶん『中国嫁日記』の読者っていうよりは圧倒的にフィギュアの愛好家で井上さんのファンばっかりっていう印象を受けました。

 

「出産おめでトーク」の内容は!?

肝心の嫁さんの話や、出産のエピソードはほぼほぼありませんでした。次の単行本にも出産エピソードはまだ載らないそうです。(次の次の巻に載るんだと思う。)

 

息子さんは可愛いそうです。
正確には…「嫁さんより自分に顔が似ていて、どちらかと言うとブサイクってわかっているけど、やっぱり脳内補正で可愛く見える!」としきりにおっしゃっていました。


「今回あらゆる育児マンガを読みあさったけど、自分の子を可愛く描くのは当たり前! 可愛く描かない人間のほうが異端!少数派!」というところから、次第に話はなぜかネットの「炎上」の話へ…。

 

 井上さんが、マンガの印象よりずっとずっと過激な人で驚きました。
ほとんど暴言に近いような発言もあったけど的を射ているので面白かった! 私としては全体的に楽しめるイベントでしたよ。

 

ネットを炎上させるのはこんな人だ!

特に「炎上」の話がおもしろかったので私のいい加減な記憶に基づいて、少しご紹介します。

なお、当エントリーにおける井上さんの発言は全て私の記憶から書き起こしたため、言い回しや解釈などにまちがいがあるかもしれないことをお断りしておきます。


はじめに、嫁さんが安定期に入るまでブログにも妊娠の事実を描かなかったのは「もし流産したら、原因探し、犯人探しが始まってブログが炎上すると思ったから」と言っていました。

 

流産て…そういうものではないはず。〇〇したからとか、××がいけなかったとか妊婦を責めるようなことではなくて、ただ単にたまたまの生物学的なエラーでうまく育たなくて流れちゃうことのほうが多いと思うんだけど、ネットではそんなの通用しないんでしょうね…。

 

井上さん曰く「炎上を引き起こす放火魔は、ほとんどサイコパスみたいな奴らだから常識は通用しない。社会の中では0.4パーセントしか存在しない稀な人種であるが、ネットだと1か所に集まってしまう。そういう人がどういう人間かということは、それぞれがバラバラであって規定できない。」
「炎上を起こす人は稀だが、そこに集まって煽りたてる人間はどういう人が多いかは調査の結果わかっている。そういう人は、大体男性で比較的高収入を得ていて学歴も高く、結婚して子どもが1人いる」と。
これは井上さんの個人的な見解ではなく、たしか『ネット炎上の研究』だったと思いますが分厚い専門書を読み込んで得た知識だそうです。

井上さんは、結論として奴らはサイコパスだから目をつけられちゃうとほぼ逃げるのは無理!ということを言っていました。常識も通用しないわけで、最終的には炎上とか気にするのをやめたそうです。

 

ただ、炎上しやすい人とそうでない人(=人のコンプレックスを刺激しない人)がいるとも言っていて、ここでは伏せますが具体的な育児マンガの題名と作者名を挙げて言っていました。
井上さんの中では、何をどういうふうに描いたら炎上しそうか、また炎上を避けるにはどうしたらいいかという方法論もありそうなかんじ。


しかしながら「炎上を避けるだけ避けて、誰からもイチャモンつけられないように行儀のいいことばっかり書いたりツイートしてても全然っおもしろくない」ということも言っていました。

確かにその通り! 私もブログを書いていて一応は気をつけてはいるけど、どちらかと言うとヤバイ、批判的な内容のほうが賛否両論あってよく読まれているみたいなんですよねー。過度に炎上を恐れると何も書けないし、読んでいて本当につまらんものしか書けなくなっちゃいそう。そのさじ加減は難しいですね。

 

これまでの中国嫁の内容ってどこも炎上したり非難されそうにもない穏当な内容で、ほのぼのオモシロイ四コマだと思っていたので…それがこんなにも計算し尽くされて描かれてたなんて、と意外でした。

スゲー人だなと思った! と同時に、嫁さんへの大きな愛を感じた。

嫁をネタにはするけどネットで攻撃されないように守る!  実在が疑われるほどまでに徹底的に顔出しもせず、プライバシーも守る!それも愛。本物の愛があるからこそマンガがおもしろいんだよね…。

 

今後育児マンガ化する『中国嫁日記』に期待!!(いや、でも嫁さんメインのほうが断然おもしろいんじゃないかとは思います。)

 

その他のおもしろトークの内容

  • なぜ、未だ横領犯を訴えられないのか→相手がトンズラして住所不明のため訴状が届けられず、訴えられないという日本の法律上のモンダイ。
  • 実はその人にヤクザが絡んでるのを知っちゃったから当分裁判は無理め。
  • 今wikiの人と裁判やってるけど、皆ネットに悪口を書くときはこういうことに気をつけよう!の豆知識。
  • フィギュアは儲からないから今後は撤退します宣言。
  • マンガに集中して経済マンガも描きます予告。
  • 福満しげゆき先生大好き!アピール。

 

などなど…。盛りだくさんでメチャメチャおもしろかったです。

 

中国の話も少しありました!

19:05に開始して21:00頃までほぼ井上さんの独壇場でした。

 年明けの1/7にまたイベントがありますが、行くかどうかは単行本読んでから考えます。