読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにか新しいこと日記

[3の倍数日に更新] 都内で働く30代キャリアウーマンが新しいことにトライしてみた日々の記録。

マンガ喫茶ではこれを読め! 完結済みのおすすめマンガ7選【アラサー女性向け】

こんにちは、ジョヴァンナです。

最近マンガ読んでますか?

私は去年「続きが気になるおすすめマンガ」というエントリーを書いたんですが、紹介した作品ほとんどがあっという間に完結してしまい脱力しているところです。

 

続きが気になる=クライマックスってことだったんだね…。

 物語が最高潮に達したら、あとはゆるやかに収束するだけなんだなーということが、よくわかりました。私のウォッチする範囲では、大体、一番盛り上がった時点から1巻以内で完結した作品が多かった。

 

私はどちらかと言うと大長編よりは、10巻前後でまとめてもらって早めにカタルシスを得たいタイプなので、今回はそういう作品ばかり集めました。前回のエントリーと思いっきりかぶってますが、悪しからず…。

 

マンガ喫茶など利用する際の参考にどうぞ!

【目次】

 

[1] バラ色の聖戦 全20巻 

 

身なりに構わないモッサリした主婦から一念発起して、パリコレモデルにまでのぼりつめた真琴さんのサクセスストーリー。

 宿敵の紗良さんが卑劣な手段で妨害工作をしたり、たびたび罠を仕掛けてくるんだけど、屈することなく戦いぬいて勝利した真琴さん。あっぱれでした。

 

モデルって普通はものすごく容姿に恵まれた人だけがなると思うんだけど…。容姿云々より、あくまでも真琴さんの生き方、決意や表情の魅力を中心にマンガとして構成しています。ショートヘアでも、アラサーでも、生き方次第でこんなにカッコいいんだ!って勇気を与えてくれる作品でした。

 

こやま先生、5年間楽しませてくれて本当にありがとう!

 

[2] Real Clothes 全13巻 

 

 2006~2011年『YOU』連載

 

ちょっと古いけど、これもすごくおもしろかった!

デパートの売場からバイヤー室に抜擢されたアラサー女性社員が「リアルクローズ」を求めて公私共に悩み、ジタバタするお話です。

 生き方が決まるまで服装もバシッと決まらないし、パートナーも決められないっていうのが、同年代としてリアルでした…。

ヒロインの絹恵さんがずっと揺れてて、悩んで、カッコ悪くて…。何度も絹恵さんと共に泣いたのが懐かしい。逆に、覚悟が決まったらもう迷わないし、顔つきまで変わっちゃってカッコよく見えた。

 迷えるアラサーキャリアウーマンの「リアル」を描いた作品だと思う。

 

[3] 逃げるは恥だが役に立つ 全9巻

 ご注意: 完結済みですが、最終巻(たぶん)は2017年3月13日発売予定です。

 

ガッキーと星野源でヒットしたドラマの原作。石田ゆり子が演じた百合ちゃんも、評判良かったみたいですね。世の男性たちは、果たしてどこまでこの作品を理解して観てくれただろうか。「ガッキー可愛い」だけなんじゃないのとか思いつつ…。

 

年齢による差別、性差別、性別役割分担。あらゆる呪縛からみんな自由になっていいんだよ! 応援してるぜ!っていう話ですよね、これは。

 

[4] キス&ネバークライ 全11巻

 

2008~2011年『Kiss』連載

 

浅田真央選手、羽生結弦選手などスター選手の登場により一躍脚光を浴びているのがフィギュアスケート界ですが、こちらは同じ氷上でも男女のペアで演技をする「アイスダンス」という種目を扱う作品です。

端正な絵柄で美男美女が主人公。なのに、テーマはものすごく重〜いミステリーです。

 

先日メリル・ストリープがゴールデングローブ賞の授賞式のスピーチで、レイア姫として知られる故サラ・フィッシャーの言葉を引用しましたね。

「傷ついた心を、アートに変えていこう」って。

メリル・ストリープ、ゴールデングローブ賞のスピーチでトランプ次期大統領を批判(全文)

 

私は、メリルの言葉に感銘を受けると同時にこの作品を思い出しました。どんなに傷つけられても、そこから這い上がることができれば、再び誇りは取り戻すことができる。

マンガなんだけど…ヒロインのダンスの演技には泣きました。美しくも鬼気迫るアートだった。『春の祭典』という選曲も、また凄いです。

 

2017/2/22追記:  この作品はKindleで3巻まで無料で読めます。同じ著者の『きみはペット』ドラマ化に際して期間限定かも…。スマホからでもアプリをダウンロードすれば、読めますよ!

 

[5] 妖狐×SS 全11巻

 2009~2014年『月刊ガンガンJOKER』連載

 

タイトルは「いぬぼくシークレットサービス」と読みます。

九尾の狐のシークレットサービスを従え、運命と闘うヒロイン。その名は「りりちよ」さんです。気位が高く可愛い方ですが、下僕の狐だけには弱いという二人の主従×恋愛関係に萌えました~。

 

何度も転生を繰り返しては恋に落ちるんだけど、最後には必ず悲しい運命が…。その運命の歯車を止めようと、闘う妖怪人間?たちの物語。

 

キャラクターの可愛さありきのライトノベルっぽい作風でおもしろかったのですが、藤原ここあ先生は31歳という若さで2015年にお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りしつつ、素敵な作品に感謝を捧げます。

 

[6] 僕だけがいない街 全8巻

 

2012~2016年『ヤングエース』連載

 

これもマンガならではの設定。「時間を巻き戻せる」超能力を持った主人公のフリーター青年が小学校時代に大ジャンプして、過去にあった殺人事件を食い止めるべく奮闘するというストーリー。

2016年に大ヒットしたあのアニメを彷彿とさせるストーリーかも。「取り返しのつかない過去に戻って、未来を取り戻したい!」というのは人類の切なる願いですよね。大人の知恵を持った子どもの力で未来を変えようとするチャレンジは、本当に手に汗握りました。

タイトルの意味を知ったときは、泣いた…!

 

未読の方はぜひご覧になって、先の読めない展開に驚いてみてください。

 

ちなみに、本編は8巻で完結ですが、外伝として9巻が出てました。未読。読まなければ…!

 

[7] 自殺島 全17巻

 

 

 2008~2016年『ヤングアニマル』連載

 

自殺に失敗した若者たちが、救命医療費の削減のため政府の船で運ばれ、無人島に置き去りにされる。通称「自殺島」。

それぞれに希望を見失うようなつらい理由があった若者たちですが、無人島で助け合い自給自足の生活を送るうちにたくましく成長し「仲間と生き続けたい」と願うようになります。

主人公のセイが弓矢を自作して初めて鹿を捕ったシーンでは泣いたよ、私は。

 

暗いタイトルと裏腹に、終始描かれているのはいかに未来に希望を持ってサバイバルするかという人間ドラマです。

 

島には何人かサイコパス野郎がいて、「殺るか殺られるか」の揉め事を幾度も起こすんですよね。無人島において、人間が人間を裁くことができるか?という難しい内容も含んでいます。

 

全体的には、無人島でも彼らなりに秩序を守って暮らす礼儀正しい日本の若者たち…の話でしたが、次回作のタイトルはなんと『無法島』。作者本人による公式スピンオフ作品だそうです。どきどきしながら、期待!!

 

おわりに

私は速読のほうで、前回快活CLUBに行ったときは6時間滞在して20冊消化した記録があります。同じスピードなら3時間で10冊ってことで、10数冊が1度に読める限界の量かなーと思います。

 

快活は人気あってどんどん店舗が増えているようなので、今回はこんなエントリをまとめてみました。

お役に立ったら、うれしいです♪ 読んだ方は、感想教えてくださいね。

 

掲載誌と巻数の情報はウィキペディアを参考にしました。記載ミスなどを見つけた方はぜひご連絡ください。