なにか新しいこと日記

都内で働く30代キャリアウーマンが新しいことにトライしてみた日々の記録。

妊娠を希望する人に知ってほしい風疹ワクチンの話

ジョヴァンナです。

女性の皆さん、最近婦人科へは行きましたか?  

私は行きました。(前回エントリー参照)受診前に近所の婦人科のホームページを何気なく見ていたら、気になる情報を見つけたのでシェアしたいと思います。

 

【目次】

 

お断り: 当エントリーは医療情報を提供する目的ではなく、あくまでも個人の感想を書いたものです。正確な医療情報を求める方は、自治体の医療相談窓口などに相談されることをおすすめします。

 

風疹の予防接種に自治体の助成があった!【対象者のみ】

風疹予防接種: ◯◯区民で、19~49歳までの女性、風疹抗体価が16倍以下の人を対象に、無料で実施しています。(期限あり)

 

えっ、私、風疹ワクチン無料なの?ってなりました。

 「風疹抗体価」の意味がよくわからなかったので婦人科の先生に訊いたところ、「風疹にかかったことある人は免疫があるから予防接種要らないよ」ってことだそうです。

 

抗体価を調べる検査にも、助成あり【対象者のみ】

私の場合はかかったことあるかどうかハッキリしないので、以前から不安に思っていました。

妊娠早期に風疹に感染すると、生まれてくるコドモが先天性の病気(風疹症候群)となる可能性が高いと聞いたことがあって。できれば、妊娠する前に予防接種しておきたいなって思っていたんです。

f:id:giovannna:20170311112032p:image 

「抗体があるか、わかりません」と窓口で申し出たら「抗体価の検査をしましょう」と言われ、無料で血液検査をしてもらいました。

ちなみに、子宮頚ガン検診を受けに行ったときについでに調べてもらいました。

 

結果が出るのは一週間後。

抗体があればワクチンは必要ないし、なければ無料で予防接種してもらえます。なんと、いい制度!!

(自治体によってどのくらい助成があるかは違うようです。ワクチンは一部負担とか、抗体検査は無料とかも結構多いみたい。)

 

現在妊娠はしていないけれども、今後妊娠希望の方はお住まいの市町村の助成制度を調べてみてくださいね!

 

妊娠希望の方は要チェック!

これまで、子宮頚ガンの検診は隔年で助成のクーポンが送られてきていましたが、風疹の予防接種を無料で受けられるなんて知りませんでした。国民健保から送られてくる書類は大抵目を通しているつもりだけど、見落としていたのかなぁ。

 

これまでに「受けてください」って一度も勧められたこともなくアラフォー近くなってるんで、婦人科のホームページを見なければそのままになっていたと思います。(予防接種自体にリスクがあるんじゃないかという考え方もあるので一概には勧められないのかも。)

 

なので、将来妊娠希望の19歳以上の方に、こういうのもあるよ!ってことでこのエントリーを書いてみました。

(ちなみに、自治体によっては妊娠希望の女性の配偶者にも一部助成ありだったりするそうですよ。)

詳しくはお住まいの自治体の役所まで問い合わせしてみてくださいね!

 

注 意 事 項

  • 予防接種をした後は、2か月間避妊しなければなりません。
  • 妊娠中は風疹の予防接種はできません。(妊娠する前に、抗体価を調べておいた方が良いと思います。)

 

こちらのエントリーもどうぞ

今読んで良かった!『卵子老化の真実』 - なにか新しいこと日記