なにか新しいこと日記

東京在住、30代。新しいことにトライした日々の記録です。

電子書籍で失敗して撤退したけど、noteならめんどくさくないと思った理由

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法

めんどくさがりやのジョヴァンナです。

突然ですが、noteって使ってみたことありますか?  有料版と無料のnoteがありますよね。

 

『1万円起業』が出版された頃、私もスモールビジネスしてみよう!と思って電子書籍を出したことがあります。続編を次々に出すつもりが、めんどくさくなっちゃって、続きませんでした。でもnoteならブログやTwitterと変わらない感覚で、気軽に投稿できそう。

しばらくは読むほう専門で、どんなもんかわかってきたら、私も投稿してみようかなー、と思っています。(めんどくさがりだから、本当にやるかどうかはわかりません。)

【目次】

 

noteは印税率が高い、らしい。

《プラットフォームの利用料》

  • 通常: 10パーセント
  • 定期購読マガジン: 20パーセント

《決済手数料》

  • クレジット決済: 5パーセント
  • 通信キャリア決済: 15パーセント

 

大体15~35パーセントの手数料を取られて、取り分は65~75パーセントってことですよね。これは、断トツで高いんじゃないでしょうか?

 

 

電子書籍の印税率は?

以前に、Bookspaceというサイトで電子書籍をつくって売ってみたことがあります。

そのときの印税率が、

  • Kindle: 15パーセント
  • iBooks: 43パーセント
  • Kobo: 40パーセント

でした。

 

ちなみに私の本は数百円で販売して、10数件売れ、取り分は1000円ほど。5000円以下の売上は支払い保留されるので、放置したまま数年が経ち、先日やっと退会しました。

印税は、退会の2か月後に口座に振込されるらしいので、今入金を待っているところです。

 

電子書籍のココがめんどくさい!

  • まず書籍として、まとまった量を書くのが大変でした。→noteなら、1回の量はブログ位の分量でいいんじゃない?
  • 表紙をつくるセンスがなくて困りました。→noteなら、写真1枚とタイトルさえあれば、いいんじゃない?
  • 試し読みを別につくったりするのが、面倒。→noteなら基本は無料で、重要コンテンツだけを有料にすればいいんじゃない?
  • 広告が、SNSとの連携が…→Twitterでいいんじゃない?

 

ほんと、いいサービスができましたよね!

 私が高校生の頃、ワープロ使ってせっせと小説(探偵モノのライトノベルみたいなやつ)を書くのに熱中してましたが、もしもその頃SNSやnoteがあったら、受験そっちのけでハマってた自信がある!インターネット普及前夜だったから、全世界に黒歴史を晒さずに済みましたわ、ほほほ…。

 

おまけ:  印税率の話

ちなみに、印刷書籍の印税率は大体10パーセントらしいです。有名著者も、新人も基本的には変わらないらしい。

森博嗣先生が『作家の収支』で、自著の印税率を明かしていたので、ここにメモしておきます。

 

  •  通常: 10パーセント
  • 書き下ろし: 12パーセント以上
  • 電子書籍: 15〜30パーセント
  • 海外出版: 初版6パーセント(著者と翻訳者で6パーセントずつ。増刷は1〜2パーセントUP)

 

 紙の出版物の印税は発行時に、印刷部数×印税率が一括で著者に支払われる。

電子書籍の場合は締め日ごとに、売れた部数×印税率が支払われるそうです。

 

作家の収支 (幻冬舎新書)

作家の収支 (幻冬舎新書)

 

 1300文字