なにか新しいこと日記

東京在住、30代。新しいことにトライした日々の記録です。

フリーランス1年生、お金をかけずに青色申告できました。

2016年にフリーランス開業したばかりのジョヴァンナです。こんにちは!

昨日1年目の事業所得を申告してきました。初めての青色申告でしたが、ほとんどお金をかけずに申告できました。65万円の控除を受けるのにあれこれ悩んだり調べたりしたことをここにまとめておくので、これから開業する方の参考になればうれしいです!

 

前提として、私は店舗、在庫を持たないスモールビジネスを営んでおり、週3日はパートタイムで同業他社に勤務する「給与所得者」でもあります。

f:id:giovannna:20170312235310j:plain

長文なので気になる項目にジャンプしてお読みくださいね!

 

[目次]

1.青色申告って何を提出するの?

ある日税務署から封筒が送られて来ました。申告書作成の当日にちゃんと中身見たら、こんな内容でした。

 

 1-1.税務署からのお知らせ

「申告書作成会場は税務署にないので国税に行ってね」と書いてあります。

f:id:giovannna:20170303005207j:image

 

1-2.申告・青色決算のガイドブック

中身は読んでないけど、読まなくても申告書はできました。

f:id:giovannna:20170303005253j:image

 

1-3.青色の申告書用紙

事業の決算書類です。別に青くありません。

f:id:giovannna:20170303005226j:image

 

1-4.「申告書B」

事業以外の所得や控除について申告する用紙です。

f:id:giovannna:20170303005306j:image

 

1-5.税務署に郵送するための封筒

自分で糊付けして作るタイプ。

f:id:giovannna:20170303005318j:image

 

封筒の内側に「誤りの多い例」が書いてあります。

 f:id:giovannna:20170303005325j:image

 

1-6.マイナンバーのお知らせと添付書類台紙

「申告書にマイナンバーを書いてね」っていうお知らせと「本人確認書類のコピー」を貼る台紙です。同じ台紙に「各種の控除証明書」もホチキスで止めました。

f:id:giovannna:20170303005347j:image

 

このうち、1-3,4,6を合わせて提出せよ!とのことです。

 

2.Macで使用できる青色申告ソフト

 私が使ったソフトは「やよいの青色申告オンライン」です。初年度は使用料0円、2年目から課金となります。

www.yayoi-kk.co.jp

私はMacしか持っていないので選択肢が少なくこちらを選びました。のちに伊藤淳一(id:JunichiIto)さんのエントリーで「やるぞ!青色申告」ダウンロード版というソフトを知りますが、11月発売と書いてあるので私が青色ソフトを探してるときには販売してなかったかも。2つの違いについては今度調べてみます。

 

伊藤淳一さんのエントリーはこちら↓

平成28年(2016年)度分の確定申告をしてきたのでメモをあれこれ - give IT a try

 

新年度も始まっちゃったので、私は2年目もこのまま「やよい」を使う予定です。2年目の利用料金はサポートなしプランで8000円+税 / サポートあり12000円+税だそうです。

 

3.申告書作成までの所要時間(私の場合)

  •  毎月の入力 30~50分×12回=6~10時間
  • 年まとめのチェックなど 3~4時間
  • 申告書の作成 90分

合計 約10.5〜15.5時間

 

3-1.毎月の入力:

取引先から末締めで請求書が来るので、ネット振込と会計入力を同じ日にオンラインで行ってます。はじめの頃はひと月ぶんの処理に1時間もかかってました。

勘定科目が何なのか迷ったり、後から修正したりしたのが1番大きな時間のロスでした。あと、書類をきちんと揃えるまでにも意外と時間がかかる。クレジットの明細をダウンロードしたり、領収書のない経費を集計して伝票切ったりとかですね。

 

3-2.年まとめのチェック:

自宅の家賃など「家事按分」は最後にMoneyTreeからの連携で加えました。別に最初から入れたっていいんですが、生活費は切り離して事業収益をチェックしたかったのでそうしました。

勘定科目も「これは分けた方がいいな」ってものは新たに項目を設けて修正したので、チェックに余計な時間がかかりました。

 

3-3.申告書の作成:

やよいの指示に従って入力していったら、あっという間に終わりました。とは言え間違いがないか、ひとつひとつ確認し見直しながら行うので90分はかかりました。

特にわかりづらいところはありませんでした。

 

4.手間を省くための会計のコツ

4-1.毎月入力すること。

レシートを溜め込むと「これは何のお金か」ってわからなくなります。Amazonで買ったものもそう。買い物をあまりしなくてもそうなりました。忘却力恐るべし!

 

4-2.まめに現金と帳簿を合わせる。

現金の買い物は全て、100均の「おこづかい帳」につけて数日ごとに帳簿を合わせてました。PCで入力した後も口座残高、帳簿、会計ソフトで数字が違っていないかを必ず確認します。

こういうのが面倒な人は全部クレジットで購入して家計簿アプリと連携させると、入力の手間が省けるでしょう。クレジットカードは使い過ぎ注意なんで、私はあまり使ってません。

 

4-3.仕訳について勉強する

開業1年目の人は仕訳をよく考えておくといいと思います。

「これは経費になるのか、ならないのか」「経費にするときの勘定科目は何か?」「経費把握のために新しく設定した方がいい勘定科目は?」これらについてアドバイスできるのは税理士だけと法律で決まっているので、お金をかけたくない人は税理士の書いた情報を見るのが一番確かです。(私が参考にした本はエントリーの末尾に載せました。)

 

4-4.専用のファイルを用意する

とにかく、ファイリングが命だと思う。レシートや請求書は一箇所のフォルダにまとめること。公共料金やバイト先からの源泉徴収票、社会保険の支払い証明、「ふるさと納税」や寄付金の領収書など、まとめてファイルしておいた方が余計なところを探さなくて済みます。

私は便利なファイルをいくつか買いましたが、100均のファイルでもいい。専用ファイルがあることが肝心です!

 

5.青色1年生が困ったこと

5-1Q:  本当に自力でできるの?

税理士に相談しなくて大丈夫かどうか、一番悩みました。「青色申告会」に入ることも考えたことあります。でも、ここに費用をかけたくなくて、初年度は売上も少ないだろうし「まずは自分でやってみよう」と思って頑張りました。

本当に困ったときは、やよいのプランをアップグレードしてサポートサービスを受けるつもりでした。税務署で開催される無料相談には、スケジュールが合わなくて参加できず…。

結果的には、なんとか全部自力でできました!

 

5-2Q: 申告書の作成って難しくないの?

前述の伊藤さんは税務署の申告書の作成コーナーを利用されたそうですが、私の住んでるとこは会場が「東京国税局」なんですよね。築地まで行って朝から並ぶのは大変気が重く、どうしようって思いました。

結果として、申告書の作成は会計ソフトが自動でしてくれたので難しいことはありませんでした。入力で悩むことはあっても申告書の作成はスイスイでした!

 

6.青色申告をして良かったこと

サラリーマン時代と同じマンションに住んでるんですがフリーランスになって「事務所兼」扱いになり、家賃の一部を経費計上できるようになりました。これを「家事按分」と言います。

しかも私はパートで働いてるので「給与所得控除」が適用された上、65万円の「青色申告控除」が差し引かれ節税効果は大です。(どの程度節約できたのかは、後日報告します。)

 

会計業務に15時間もかかったけど、税金の金額を考えたらコストパフォーマンスは高いです。やったね!

 

7.おすすめの参考書

7-1.『個人事業主・フリーランスのための青色申告』

 この本の良いところ
  • できるだけ少ないページ数でわかる。
  • 字が大きく、読みやすい。
  • 1つの項目につき大体見開き2ページで説明されているので、どこに何が書いてあるの参照しやすい。

 「やよい」ユーザーにとっては、500円で読める解説書として便利です。私は申告までこの本を手元に置いて作業しました。

 

7-2.『経費になる領収書ならない領収書がよくわかる本』 

この本の良いところ

経費の本は数あれど「自営業の経費」に詳しいこの本は超おすすめ!

個人事業主って「会社」とは扱いが違うので「これは経費に入れていいの? どうなの?」って迷うことありますよね。いろいろ読んだけどこの本が一番良かった。基本的な考え方を説明しているので「こうしたら経費にできる」って応用が効きます。

「どんなレシートも無理やり経費にしてOKですよ」って本ではないので、グレーゾーンの方法や解釈は書いておらず安心して利用できました。

 

8.書類の保管に使用したファイル

8-1.申告に添付する書類

私はこの2種類を使用しています。

  • リヒトのキャリングポケットファイル 
  • キングジムの領収書ファイル
リヒトラブ キャリングポケット  F7527-22 A5 オリーブ

リヒトラブ キャリングポケット F7527-22 A5 オリーブ

 

 f:id:giovannna:20170306003533j:image

 

キングジム 領収書ファイル A4 1/3  2380H ライトグレー

キングジム 領収書ファイル A4 1/3 2380H ライトグレー

 

 

ズボラなので、このように「タテからもヨコからも入れられる」タイプのファイルがラクチンで好きです。

今は上記の2種類を公私で使い分けてます。専用ファイルをつくると「全部ここにまとまっているから、他を探さなくていい」安心感があります。

 

キングジムの領収書ファイルはヒット商品でいろんなサイズがあり、インデックスシール付で使いやすいですがお値段は高め。リヒトはワンコインで調達できて、ゴムバンドで留められ中身も見えないので、持ち運びにも安心です。例えば、コンビニで源泉徴収票のコピーを取りたいときとかです。

 

8-2.日々のレシート

美術展で購入した、二つ折のポケットファイルに一ヶ月分のレシートを溜めてます。入力が済んだらホチキス止めして茶封筒にガサッとまとめて保管します。(量が少ないので、順番にノートに貼り付けたりとかはしません。)

 f:id:giovannna:20170306003613j:image

8-3.ネットバンクの取引明細、カード明細、請求書など

A4書類は穴を開けてごく普通のフラットファイルに1年分まとめています。

 

9.最後に

失業をキッカケとして突然開業することになり「青色申告どうしよう…」って思ったけど、ちゃんとひとりでできましたよ。

何か不備があれば税務署から連絡が来るでしょうけど、低所得のうちはチェックも厳しくはないのでは?と楽観してます。

以上、ジョヴァンナの報告でした。