読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにか新しいこと日記

都内で働く30代キャリアウーマンが新しいことにトライしてみた日々の記録。

フリーランス2年目、収益アップのヒント

こんにちは、フリーランスのジョヴァンナです。

昨年開業してからというもの、どこへ行ってもすぐに「お客の入り」「収益性」「接客品質」をチェックするようになっちゃいました。このお店の魅力は、リピートの秘訣は?っていつも考えてしまう。

フリーランスの場合は店より単純で、お客様にリピートしていただく秘訣はつくづく「人の魅力」が中心なんだと思います。

 

確かな技術と、コンサル能力!

それから人柄の魅力!

 

能力と魅力の2つが合わさったときに初めて「またお願いしたいな」ってなると思う。だから技術を磨くと同時にトークも磨かねばなりません。人の魅力と言えば容姿(身綺麗であること)も大切だけど、接客が1番、容姿は2番かな。

 

あとね、サラリーマン時代に元ホステスという人が入社してきたことがあって、ものすごーく馴れ馴れしい接客方法だなと思って見てたんですが、やっぱその人は人気がありました。(技術も確かでしたが、兼ね備えているのが何より強みだった。)

 

 人から好かれるために仕事してるわけじゃない!

 

とは言え、集客できなければ明日のゴハンが食べられません。だから、性別を問わず、どなたにも親しみを持って接するのは大事と学びました。

新規のお客様にいきなり馴れ馴れしくはしませんが、まずは顔を合わせたら元気よく挨拶することかなって思います。例え挨拶だけでも、回数を重ねていくとなんとなくこの人は気心が知れるなって思っていただけるみたい。

パートで顔を合わせる、他のスタッフの顧客が皆様そんな感じです。1回目はよそよそしくても、3回顔を合わせて元気に挨拶すれば3回目にはお客様のほうから話しかけていただくことが多い。

 

さて、今日は私が1月からテコ入れするようになった「収益アップ」の努力の話です。

 

f:id:giovannna:20170313003845j:plain

前提として私は店舗や在庫を持たないスモールビジネスを営んでいます。(職種を明かすことはできませんが、仮に「面貸し」の美容師を想定していただくとイメージしやすいと思います。)

 

 [目次]

 

[1] ホームページの更新

f:id:giovannna:20170312000140j:plain

個別事例をホームページのブログに載せるようになってから、集客力は上がりました。

個別事例がすごく大事! だれにでもあてはまる「オールマイティな説明文」ではなく「個別の事情を持ったお客様の具体的なお悩み」にとことんフォーカスしたほうが見る人の心に響くみたいです。

 

こういうニッチなお悩みがあって

    ↓

このように解決しました。

 

このくり返し。冗長な説明文は読みたくないと思い、シンプルでわかりやすい「あらすじ」しか載せてませんが、読む人が勝手に自分の立場に置き換えて読んでくれてるみたいです。

ホームページからの集客なんて去年は数件しかなかったけど、今年は順調に伸びてます。3月までで前年比×倍に成長しています。

 

個別事例を載せるともうひとついいことがある。アクセス解析によって、読者の求めているものがハッキリわかります。このブログも同じだけど、人気のある記事とない記事にハッキリ分かれる。そうしたら人気の事例から広げて、別の切り口からの事例をまた書いて載せてます。

Web集客では常識なんだろうけど、1年目は全くできてなかったので2年目からのブログ運用がんばります!

 

[2] 顧客の単価を上げる

「こんなに働いてるのに、食費ばっかかかってお金が全然貯まらない!」とめげていた時期がありまして…。

思い切って単価を上げました。既存顧客は上げられないから、新規から上げるようにした。

 

実は…ここでも私は大失敗しています。開業当初、前職からついて来て下さったお客様に「消費税はいただきません!」って宣言しちゃったんです。

私がバカだった…。「年収1千万円もいかないから私は消費税は納めなくていい」って思ったんだけど、経費には消費税がかかってるわけで、次第にその8パーセントが心に重くのしかかってくるようになりました。

これまで税別とも税込とも表示していなかった料金表にひっそりと一文をつけ加えて、新年から消費税は別途徴収にしました。これにて新規の顧客単価8パーセントアップしました。

この話すると皆から「全員に消費税もらいなよ」って言われるんだけど、その勇気はまだありません。(笑)増税のときに見直すことにします~。

 

[3] 時間単価を上げる

f:id:giovannna:20170311102247j:image

料金の値上げより、こっちのほうが簡単です。

例えばだけど…同じ料金で開業当初120分かかっていたサービスを90~100分で完結するようにすれば、時間の単価は上がります。6時間で3件しか受けられなかった注文が、早く作業すれば4件受けられる。この差は大きいです!

 

だけど、1件につき20分も、どうやったらサービス時短できるの?

 

開業時はチンタラやってた部分を早く手を動かして、接客トークも短くまとめてメリハリ効かせるって感じです。

まあ、最初の頃は仕事が遅かった! 1年分熟達したのもあって、仕事は早くなりました。内容は一切変えず、時間が短くなったことをお客様には気づかれないようにうまくやってます。

 

[4] 説得力あるトーク

サービス品質にいかに満足してもらうかは、「説得力」が大事だなって思います。同じサービスを受けても「説得力」がなければリピートにはつながりません。ただ漫然と毎回サービス提供していてもダメ。先細りです。

 

抽象的な話になりますが、自分のサービスやコンサルティングについて自信が持てるまで充分掘り下げることでしょうか。フリーランスは「会社の看板」がない分、ここのところが大事です。顧客の質問に対して、自分なりの理論を組み立ててわかりやすく説明できることが大事! 

 

[5]顧客満足度を上げる

これは「感じのいい接客」に尽きると思う。日々試行錯誤です。

体調が悪いと接客も暗くなるので、体調管理にはやっぱり気を使います。体調がいいときは会話も弾むし、より顧客のニーズに対してアンテナが鋭くなります。モロに自己管理が出てしまう。

 

簡単なことで気をつけてるのは、

  • はじめに笑顔で挨拶すること。
  • お帰りの際、丁寧に頭を下げること。
  • お金を受けとるときに「ありがとうございます」とハッキリ発声すること。

 

「ありがとうございます」がきちんと言えているかどうか。声がお客様の耳にちゃんと届いているかって重要だと思う。

形式的ではなく、感謝を込めて、また来てね!っていう気持ちで毎回お見送りしてます。気持ちは声の温度に出るから必ず伝わると思う。

 

まとめ

  • Webの更新
  • 顧客単価を上げる
  • サービスを時短する
  • 説得力あるトークを磨く
  • 挨拶はしっかりと

 

各方面での努力を重ねた結果、1月末から徐々に収益回復してます。新規の件数は去年より倍増しました。

待っててもお客様が来てくれるならいいけど、そうじゃないから常に仕掛けていかないと!

 

そして、なんでこのブログを匿名にしてるのか…「それは、お客様に見つかりたくないから!」ということがお分かりいただけたでしょうか。

あんまり生々しいことを言っちゃうと幻滅されそうなんで、公式のイメージとプライベートは厳密に分けてます。

 ここ数日は恥ずかしい話も、赤裸々に書いてしまいました。

このエントリーが少しでも、お読みいただいているあなたの参考になればうれしいです。