NTTフレッツ光の引っ越し、「怒り」のエントリー!!

ジョヴァンナです。こんにちは!

引っ越し準備のマルチタスキングでストレス溜まってます。

そんな私をさらに怒らせた会社がある。

 

NTT東日本です。

 

NTTに電話するたび、窓口をたらい回しにされるのには毎度ムカついてます。今日はそんな「怒り」のエントリー。

フレッツ光の利用者で、「これから引っ越しするよ」って人以外に役に立つ知識は一切書いていませんのでご注意くださいませ。

[目次]

f:id:giovannna:20171120190532j:plain

「引っ越ししたらその日から使いたい」ってものがいくつかありますよね。水道光熱のライフラインと、インターネッツ! ライフラインは『引越れんらく帳』というサイトを経由すると、各5分で簡単に移転の手配が可能です。

引越し 手続き&公共料金の住所変更サービス | 引越れんらく帳

しかし、インターネットはそうは行かない。

 

1.NTTはいかにして私を怒らせたか

私は現在So-netとNTTのフレッツ光で契約をしています。マンションタイプの2という最安のプラン、月額プロバイダ込みで4,000円です。

NTTのサイトで「引っ越しの手続きはこちら」というところを見ると、電話番号が書いてあったのでイヤ〜な予感がしました。

 

1-1.不信感

NTTに電話して、契約情報と「引っ越ししたい」旨伝える。

「担当の窓口が時間外なので、明日担当から折り返し連絡させます」と言われ了承する。

翌日「代行会社の〇〇です」と電話が掛かってくる。

(えっNTTじゃないの?)まず不信感を感じる。

現住所と新住所を伝えたところで「プロバイダ移転(光コラボ)の案内」が始まる。月額料金がどーたらこーたら、工事費用のキャッシュバックがうんたらかんたら。

は? プロバイダの移転など全く望んではいないですけど。不信感が募る。

「移転先もフレッツ光が通っているから、余計な工事費用はかからないと聞いてるんですが」

「その情報は、誰から聞かれましたか?」

不信感MAXに。「これ以上のご案内は結構です」電話を切る。

 

1-2.どうしても『光コラボ』を営業したい人たち

なぜNTTに電話をしているのに他社から電話が来たのか、疑問に思いながらSo-netのページを参照した。

(やっぱり、NTTに電話するように書いてある……!)

ここで、So-netに書いてある通り0120-116-116に電話すれば良かったのに、私、しくじりました。再度NTTのページに行き、「お引越しのお手続き」ボタンをクリックして内容を読まずに申し込みフォームから申し込みしてしまった。このページ自体が『光コラボ』に誘導するための特設ページになっていることに全く気がつかなかった。

代行会社から電話が掛かってくる。(やっぱりか……。)

「お客様、今のプロバイダで契約を続けなければならない理由って何かありますか?」

「特にはないですけど」

「でしたら今の契約を一旦解除して、新規に契約をした方がお安くなりますので、そのご案内をさせていただきたいのですが」

一応話を聞く。

今の契約のまま新住所に移ると、通信料金が600円上がってしまうと言われる。

「〇〇社と新規に契約すれば、月額料金は3,800円。工事費用が最大24,000円掛かります。2年縛りの途中ですと、解約金も別途掛かります

しかも、工事費用は申し込みしてからでないと教えられないと言う。

???

なんのメリットも感じないんですが。

「とりあえず、どちらがいいのか検討させていただきます。このままSo-netで契約を続ける場合にはどうしたらいいんですか?」

「その場合は、NTTの番号にお電話していただくことになります。番号お伝えしましょうか」

最初っからNTTに連絡してるのに、たらい回しにした挙句またNTTに連絡しろと? ふざけないで?(おこ)

 

1-3.やっと話がわかる人とつながった!

0120-116-116からガイダンスに従い、プッシュで担当窓口につながる。

「NTTの担当Nと申します」

怒りを抑えつつ、事情を説明する。

「最初にNTTに電話したら、なぜか折り返し電話がかかってきて別の会社からプロバイダ変更の案内をされたんですけど、そんなことこっちは一つも求めてないんです。So-netのままで、これまでになんの不都合もない。私は、◯月◯日に引っ越しをしなきゃならないので、急いでるんです。着いたその日にすぐインターネットを使いたい。ただそれだけなんです!」

Nさんは速やかに事情を理解して、案内してくれました。

やっと話がわかる人につながった〜!

20分通話して、私が確認しなければならないのが1点だけ。直通番号を聞いたので、確認してNさんに電話すれば手配完了です。

「ご親切に対応していただいて、本当に助かりました。どうもありがとうございました」で、ひとまず通話終了。

 

2.怒りのポイント

後からよく見ると、リンク先が『光キャンペーン.com』という特設サイトになっていました。さり気なく「お得なインターネットのお引っ越しプランをご案内」と書いてあるんですが……。いやいや、やめてくださいよ! 毎月粛々と料金を納めている顧客をだまし討ちにして、こちらが求めてもいない営業トークを長々と聞かせるシステム!!

「月額料金が1円でも安くなる」と聞けば全員が喜ぶとでも思ったか!?

 

こっちは引っ越しで忙しいところにさらに「解約」「新規契約」で余計な書類に記入させられたり、支払いの手続き、開通工事の日程合わせ・立会いなどの時間的な損失を考えたら、月額数百円の差など誤差でしかない!!と、ムカッ腹でした。

肝心の工事費用はわからないと言うし、キャッシュバックや契約期間のマジックで「さも得する」かのように見せかけて営業するのは勝手だけど、私は今そんなのに付き合ってる時間はないんだ。

 

Nさんに辿り着くまでに3人と通話させられ、全くもってムダな時間を費やしました。こっちは貴重な昼休みを使って電話をしているわけで。そういうのは、やめてくれ!

 

3.NTTのオペレーターと話した20分間に提供された情報

3-1.通信料金について

  • 現在のマンションに引かれている回線は通信が遅いVDSL方式で、そのため安いプランとなっていた。
  • 転居先だと2つのプランから選択できて、通信が速い方だと月額600円アップ。
  • プロバイダの料金には変更なし。
  • 転居先には既設の回線があり、派遣工事なしですぐに使える。(この情報は仲介会社経由で電話をくれた他社から聞いて、既に知っていた。)
  • しかし、リフォームなどで現地の状況が変わっていてすぐに使えなかった場合は、訪問工事の費用として最大7,500円かかる。
  • インターネットの移転に際して2000円の手数料がかかる。(いつもの請求に加算される。)
  • 「あと、ポイントが3000円分溜まっているからこれは使ってくださいね」

私の感想: 余分な工事費用がかかるかもしれないリスクなど負いたくない。どう考えても既存の設備を利用した方がローコストでしょう。通信が速くなるなら月額600円アップするのは別に構いません。

3-2.手続きについて

  • So-netの移転手続きはこちらで行うので、お客様の手続きは不要です。(手続きのため、Nさんに生年月日を教えた。)
  • 新しいモデムを◯日までに現住所に届けるので、そちらを新住所に持って行って自ら設置してください。
  • その際に同封された送り状を使用し、今使用しているモデムは返却してください。
  • 1GBの通信に対応した「ギガスマート」タイプのルーターがあればOK。(なければ自分で調達するか、月額300円でレンタルも可能。)
  • インターネットやルーターの設定に困った場合は、当日でも連絡してもらえれば500円で遠隔サポート可能。

私の感想:工事の手間なしでいきなりインターネットが使えるのは利点でしかない。

 

4.まとめ

NTTは余計な代行会社を入れることによって、どれだけ旨い汁を吸ってるんでしょうか?

いろんな会社が「インターネット乗り換えると安くなりますよ」って気安く営業してくるけど、新たに工事をする手間暇を考えたら引き合わない場合だってあると思います。(回線を変えずにプロバイダを変えるだけなら工事は不要です。ただ、今流行ってるのが『光コラボ』というもので回線もプロバイダ提供になるため、新たに工事しなければならない可能性もあるようです。)

こちらがプロバイダを変える必要性を感じないのに対して、営業をゴリ押しするスタイルはとにかく迷惑! 調べればすぐにわかる現地の情報を意図的に伏せて営業してくる会社にもご注意あれ。

 

この手のことに詳しくない方はフレッツ光で引っ越しすることになったら、専用窓口から申し込むのではなく0120-116-116からのガイダンスで繋いでもらって、どちらの方が有利なのか、情報収集した方がいいかもしれません。

なお、引っ越し先の環境によっては工事が必要な場合もあります。手配には日数がかかるので、目安として引っ越しの2週間ほど前に連絡すると良いと思われます。チャオ!