実家から送られてきた大量の夏野菜を食べ切った【メモ】

f:id:giovannna:20190703212732j:plain

実家から「もうお母さん飲まないから」という梅酒と共に大量の夏野菜が送られてきました。野菜は父が家庭菜園で作っているもので、「食べきれなかったら処分して」とは言われたものの、そんなもったいないことはしたくない!

どんどん調理して、どんどん食べました。

どうやって消化したのか、ここに備忘録として残しておきます。

ミニトマト

1. 冷蔵

ミニトマト:冷蔵方法

ミニトマト:冷蔵方法

ヘタがついたまま洗って水に浸した状態で冷蔵すると1週間ほど保存できるそうです。(割れているものは省く、2〜3日に1度水を変えること。)

調理しなくても食べられる野菜はめちゃめちゃ助かる!

2. とり肉の粒マスタード炒め:レタスクラブ2019年7月号より

ミニトマト:とり肉の粒マスタード炒め

ミニトマト:とり肉の粒マスタード炒め


とりもも1枚を一口大に切り、塩コショウをふる。ズッキーニ1本は縦半分に切って、1cm幅に切る。とり肉をこんがり色づくまで3分炒め、上下を返して、ズッキーニを2分炒める。ミニトマト9ケ、しょうゆ、酒大さじ1、粒マスタード大さじ1/2、砂糖小さじ1を加えて、ミニトマトが少し崩れるくらいまで炒める。

→このレシピ、気に入っていて早くも二回作っています。

3. ミニトマトのかきたま汁:レタスクラブ2019年7月号より

 

ミニトマトは縦半分に切る。鍋にだし汁2カップ、みそ大さじ1 2/1を入れて中火にかけ、沸騰直前まで温める。ミニトマトを加えてさっと煮る。溶き卵1ケ分をまわし入れ、30秒したら火を止める。

ミニトマト9ケは多すぎる。5ケぐらいでいいんじゃないかな。

4. トマトピューレ

ミニトマト:トマトピューレ

ミニトマト:トマトピューレ

ミニトマト:トマトピューレ

半分に切ったトマトを煮つめて、ざるでこすだけ。冷凍しておいて、後日料理に使います。

→黄色いトマトが入っているため、ちょっと色が薄めのトマトジュースっぽくなりました。なんに使おうかな?

きゅうり

1. サワー漬け中華風タイプ:母のレシピ

きゅうり:サワー漬け中華風タイプ

きゅうり:サワー漬け中華風タイプ

酢40cc・しょうゆ大さじ2・さとう小さじ2・ごま油小さじ1・赤唐辛子少し

→おふくろの味。母は、きゅうり・にんじん・セロリ・大根などを漬けてました。わが家では最近きゅうりと黄パプリカをよく漬けます。

2. きゅうりとナスの浅漬け

きゅうり・ナス:きゅうりとナスの浅漬け

きゅうり・ナス:きゅうりとナスの浅漬け

きゅうり2本・ナス1本・塩少々・こんぶ茶などのだし小さじ1・刻んだ大葉・しょうがなど。

→キャベツを入れても美味しい。浅漬け大好き!(家人は食べないから1人でワシワシ食べる)

ナス

ナスとひき肉の炒めもの:ウー・ウェン『大好きな炒めもの』より

ナス:ナスとひき肉の炒めもの

ナス:ナスとひき肉の炒めもの

揚げ物はしたくないので『ためしてガッテン』を参考に、ナス1本あたり裏表1分ずつレンジで温めてから調理しました。こうすると味の染み込みがよいし、油も少なく済んでヘルシーです。

材料: ナス4本・合いびき肉150g・しょうが1かけ・長ねぎ10cm・にんにく1かけ・豆板醤小さじ1・酒大さじ1・【合わせ調味料】しょうゆ大さじ1・甜麺醤大さじ1・黒酢小さじ1・鶏ガラスープの素小さじ1/2・水溶き片栗粉大さじ1/2

作り方: ナスは乱切りにして揚げるか、レンチンする。香味野菜と豆板醤を入れ、合びき肉を入れて炒める。肉の色が変わったら酒をふり、合わせ調味料とナスを入れて煮立たせ、味を染み込ませる。最後に水溶き片栗粉を入れて、とろみをつける。

→麻婆茄子っぽいレシピ。肉みそは多めに作って冷凍して、時短してます。

ピーマン

1. 無限ピーマン

ピーマン:無限ピーマン

ピーマン:無限ピーマン

ピーマン5ケ(5mm幅に切る)・ツナ缶1缶をざっくり混ぜて、レンジで2分間温める。鶏ガラスープの素小さじ1・ごま油小さじ1・塩少々を加えて混ぜるだけ!

無限ピーマンは、じゃこを使っても美味しい。

2. 酢豚風炒め:ケンタロウ『ケンタロウのないならないで あったらあったで』

ピーマン:酢豚風炒め

ピーマン:酢豚風炒め

材料:ピーマン5ケ・豚ロース薄切り200g・にんにく・しょうが各1かけ・片栗粉大さじ1 1/2・【甘酢あん】黒酢大さじ1 1/2・オイスターソース大さじ1・砂糖大さじ1/2・水大さじ2

作り方:ピーマンは縦半分に切って、ヘタとタネを除き、横3等分に切る。豚肉は一口大に切り、片栗粉をまぶす。にんにく・しょうがはみじん切り、甘酢あんの材料を混ぜ合わせる。フライパンを熱してサラダ油を引き、豚肉を入れて弱めの中火で揚げ焼きにする。こんがりと焼き色がついたら、一旦皿に取り出す。あいたフライパンにピーマン・にんにく・しょうがを入れて、焼き色がつくまで炒める。豚肉を戻し、甘酢あんの材料を加えて混ぜながら煮詰める。

→これもしょっちゅう作る定番のレシピ。本来ピーマン2ケと書いてあるところを5ケに増量して作っています。

ロッコ

モロッコ豆:ゆでるだけ

ロッコ豆:ゆでるだけ

たっぷりのお湯に1〜1分30秒ほどで固めにゆでるのがおすすめ。(父談)

感想

いまの私の実力では、こんなもんだ。

夏野菜は目にも鮮やかで食欲をそそります。美味しいし、栄養もありそう。

上記写真を両親にもメールして報告しました。自炊している様子を見て、少しは安心したでしょうか。

 

みんな使ってるFoodieという無料アプリが、写真がきれいに撮れて適当な盛り付けでも美味しそうに見えます。おすすめです!

Foodie - 生活のためのカメラ

Foodie - 生活のためのカメラ

  • SNOW INC.
  • 写真/ビデオ
  • 無料