読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにか新しいこと日記

[3の倍数日に更新] 都内で働く30代キャリアウーマンが新しいことにトライしてみた日々の記録。

メルカリ収益2016年【まとめ】と、買い物のコツ!

こんにちは、ジョヴァンナです。

実家の母が昨年はメルカリで12万円も売り上げたと聞いて、私はどのぐらい取引したのか計算してみました。  

 

f:id:giovannna:20170110100937p:image

 

2016年メルカリの収入報告

  • 期間: 2016年3月~12月
  • 取引件数: 全135件
  • 販売84件: 85321円
  • 購入41件: 36865円

 

全て送料はこちらで負担したため、

上記の売上の中にはクリックポストや郵便の経費も含みます。

1件164円として、概算で13000円が送料とすれば、私の収入は約72000円。

本と洋服を中心に不要品の処分だけで、意外と稼いでました!

 

私のメルカリ歴

2016年3月にメルカリデビューして、最初の頃はヒマがあったので利益確保にこだわって、マメに再出品などしていました。そのうちに仕事が忙しくなって面倒くさくなり、安めに値段をつけてどんどん処分するようになります。稼ぐことよりも要らない物をスピーディーに処分したい!というふうに目的が変わってきました。

 

なるべく高く売りたいのはやまやまですが、少し安めに設定しても手間なしで売れたら、そのぶん売上で欲しい本が買えたりするので、最近は「物々交換」の手段とわり切って便利に活用しています。

 

ナンバーワンアプリの利点と欠点

 ユーザー数がどんどん増えている分、以前より高く売りにくくなったという話も聞きます。私も、実感としてそんな気はしてる。

 

買いたい人にとっては、マナー悪い人とか変な人、詳細がまったく載っていない、いい加減な出品者ばかり増えると使いづらいでしょうね。

服の出品で寸法も何も情報がなく「可愛い色ですよ♪」とか1行だけ書いてあるのをたまに見かけますが、着丈も素材もよくわからないのに誰が買うんだろ?とか思います。

 

そうは言っても、私はいまは本の売買が主だから不都合なくて。ユーザー数が多ければ物々交換がしやすいので、しばらくメルカリをメインに使っていくつもりです。

 

検索のちょっとしたコツ

メルカリには「この検索条件を保存する」というボタンがあって、新着チェックがしやすいようになっています。

f:id:giovannna:20170109171925j:image

 

 情報をメールで受け取ることもできて、便利! 受信の頻度が3パターン選べて、私は大体1日に1回を選んでいます。

f:id:giovannna:20170109171817j:image

 

メールはこんな感じ。

 f:id:giovannna:20170109171812j:image

ここに「1日の新着件数が表示されるので、その商品の人気がわかったりします。この機能が便利!

 

例えば、買いたいとき。1日に数件出品があるものは急いで買う必要はなく、数日様子を見て状態と金額が折り合うものを買ったほうがいいです。しかし、たまにしか出品されないものは出たらすぐに買わないと買えません。

もし、それが早く手に入れたい物(例えば新刊で、すぐ読みたい本)だったら…。「1日1回」の新着メールは19時に届いて、みんなが一斉に見に来るはず。ならばその直前の時間帯が穴場です。この方法でいくつか良い買い物ができました!

 

このエントリーが、これから始める方の参考になればうれしいです。

 

***

このエントリーを読んで、

これから始めてみよう!と思った方は、下記のコードを入れると、1ポイント=1円として買い物に使えるポイントが、300ポイント貰えます。コピーしてお使いください。

PBKJVQ

アプリのダウンロードはこちらからどうぞ。

https://www.mercari.com/jp/