なにか新しいこと日記

東京在住、30代。新しいことにトライした日々の記録です。

ダックちゃんと私

f:id:giovannna:20171019210239j:plain

こんばんは、ジョヴァンナです。今夜も寝言をほざきますよ。
 

Twitterを始めて約半年になります。

と言うとビックリされることがある。

めちゃめちゃ楽しんで、入り浸ってるから……? もっと長くやってるように思われるらしいですね。

それにはね、秘密があるの。

 

私自分のニックネームを適当につけちゃったこと、少し後悔してます。まさかこんなにブロガー同士で関わって日常的に呼ばれると思わず、呼びづらい名前をつけてしまいました。

由来は『銀河鉄道の夜』をモチーフにした小説『賢治先生 (河出文庫)』から。少年とも少女ともつかないジョヴァンナっていう子が登場するんですが、ワガママで奔放で意地悪なところすらある。でも、なんだか魅力的なんですよね。

私もこんなふうでありたかったなぁと思って……。

私は、自分の中に自然に存在する「子どもっぽさ」を抑圧されて育ったと思います。(だからチャイルディッシュな人に絡まれると腹立つ、身勝手だけど!)

そもそも感情表現の仕方がよくわかりません。感情表現しちゃいけないと思ってたから。全部大人になって、一から学んでいるんだよね……。

 

ゆえにこのブログはエモーショナル。そして、Twitterでも、ワガママで自由で少しだけ意地悪にふるまうことを自分に許しています。

仕事や社会生活では引っ込めている部分をあえてボリューム上げているつもり。

 

そのようにしてTwitterを始めた私ですが、最初は知り合いなんかほぼいませんでした。特に会話することもつぶやくこともなく読んでいるだけ。

ダックちゃん、ホルスタインおじさんらのブロガーしばき合いバトルも、直接フォローはせず遠くから傍観してましたね。二人とも読者登録はしたけど、ブコメで拡散とかはしなかった。そんなスキルゼロ時代の出来事でした。

【勝利宣言】ブロガーしばきあいへの応援に感謝の気持ちを込めて - 教えて!ホルスタインおじさん!

バトルに勝利したホルスタインおじさんは読者登録してくれた人のブログを一人ずつお礼参りしたようで、ブコメをもらったとき、「律儀な人だなぁ」って思いました。

そのうちに『ヒャッハー委員会』という企画が始まって、それもしばらくは静観してました。ブクマもしません。こういうのって、アクション起こすのに少し勇気が必要でしょ。

【ブログ新企画】読者の知りたい事とブログ運営を直接紐づける!「教えて!ヒャッハー委員会!」を始めます - ぐだぐだわーくす

どこからブクマしたからというと、ここからでした。

知らないと危険かも!?初心者ブックマーカがやりがちな意図せぬ2階建てにご注意を! - ぐだぐだわーくす

やっちゃってるかもなー。参考になりました。が、なんでそーなるのか? わからないので、やっぱりまたやっちゃうかもしれない。

2017/06/15 08:28

b.hatena.ne.jp

そもそもブックマークの仕組みがよくわかっていなかったから、純粋に勉強になったと思ってブコメもつけました。そこにダックちゃんがリプライをくれて、フォローして絡んできてくれて……。そこからですね、すべては。

 

最初、一気に距離を詰められたからビビって「塩対応」しちゃったんですよね。

 

ダックちゃんが赤毛の女の子アイコンだった頃の話です。この人絶対に「女の子」ではないだろうなってキャラクターだしさ、なんだろうこの人は……って感じ。(この記事後で見つかったら、どやされるかも……!)

しかし、そこにダックちゃんが見知らぬブロガー(オトマックスさん)を巻き込んで二人が漫才みたいに掛け合いし始めたら、つい笑っちゃったんで、もう、すっかり術中に嵌まっていました。

友だちだったらいきなりこんなふうに巻き込みリプを送っていいんだ!と知った。

 

そこから友だちになって、ダックちゃんを見かけると、誰か話してるところにしょっちゅうクビを突っ込んでましたからね。(そこがニックネームの由来なんでしょう。)

フォロワー同士だったら勝手に会話に混ざってもいいんだ~ということを知りました。(はじめは勇気が要るけど、二回目からは当たり前になるよね。)

 

ダックちゃんのバックグラウンドを詮索するつもりはありません。だけど、この人、「小さい女の子」のアイコンを使ってるのは気安く接して欲しいからなんだろうなーと勝手に解釈して、わりと最初っからタメ口きいちゃってます。そういうことはめったにやらないけど、たまにはやる。対等な友だちでいたければ敬語はじゃまになるから、相手次第ではそんなこともします。

 

間合いをどう取るかって難しいですよ。

でもダックちゃんは一気に距離を詰めてきて、私もそれが嫌じゃなかったから、気安く接してました。

 

『ヒャッハー委員会』のメンバーは元々知らない人ばかり。深く関わるつもりはなかったんだけど、やろうとしてることはおもしろいと思って、何度かお題に参加しました。

そうしたらダックちゃんが「中に入らないか」って誘ってくれて……1回目は断ったんだよ。でも一週間後にもう一度誘われたから、2回目はOKしました。

 

ね、なんか、人間関係の《秘訣》がここにあると思いませんか?

 

恥ずかしいから言及はしないけど、私は結構記事でもいじられてましたね~。新参者として可愛がってもらった自覚がある。

ダックちゃんが言うことにいちいち反応するから、おもしろかったんだろうなぁ。話しかけられると黙ってはいられない体質だから……。

 

思い出すと、おかしいです。

ほんの数か月前の出来事なんだけどね。

 

似顔絵もいっぱい描いてもらいました。(甘夏ちゃんが一番描いてもらってるはずだけど……)

f:id:giovannna:20171019210242j:plain

ダックちゃんから私はこう見えてるのかな~と思いました。あるいは実物を見ないで描いてるわけだから……鏡のようにダックちゃんの姿が写し出されているんだろうと感じたりもした。絵の中には私にない要素も含まれていましたからね。

 

ダックちゃんが描いてくれた絵で一番好きなのがこれ。

f:id:giovannna:20171019210236j:plain

暗ーい海の底にどんより沈みこんでいって、一番深いところまで行ったら後は浮かび上がるしかない。

 

これが私。生来の「根暗」も底をついて今浮かんできただけ。落ち込めばまた沈むだろうし、海底の景色もよく知ってる……。

その荒涼とした景色をこんなにも綺麗に描いてくれてくれて、この絵をリプでもらったときは 静かに感動しました。

 

……そんなわけで、ダックちゃんがいたからこそ友だちが増えたし、自分もほどほどに巻き込みスキルを習得して、今も楽しくブログ生活が捗っているんですよね~。

 

最近の「はてブロ」2周年記念エントリーがホッテントリ入りして「互助乙」と言われましたけど、私は本当の意味での「互助会」=横のつながりを持っているので、少しも心動かされはしませんでした。そうよね、友だちがいないさびしい人もいるよね……って思っただけ。

 

ダックちゃんが不在の間は残ったメンバーで細々と「城」を守っていこうと思います。

気が向いて戻ってきたときに城が荒れ果ててたら、悲しいじゃんか……。だからたまにはチャットルームに集まって雑談が捗るように、広報してネタを収拾していきますよ!

 

私はワガママな人間です。機械的なフォロー返し、ブクマ返しはしません。

でも『ヒャッハー委員会』は誰でも絡んできてくれていい場所ですから。どうぞ、お気軽にご参加くださいね~。

ご用の方は私(@giovanna1982)か、他のメンバー宛にリプ飛ばしてください。

(メンバー紹介記事は10月21日朝、投稿予定です。)

 

『ヒャッハー委員会』のブログ購読はこちらからどうぞ! 宣伝でした。