目黒川沿いを上流に向かい、そぞろ歩いた夜【花見】

ジョヴァンナです。こんにちは!

この時期私がとても楽しみにしているのが、夜桜見物です。

昨年Twitterでそれは見事な夜桜を目にして、「今年は井の頭公園へ見に行くぞ!」と心に決めていたんですが……私が思い描いていたのは、どうやら別の場所だったらしい。

桜の開花状況をTwitter検索していて気がつきました。

井の頭公園はそもそも、ライトアップしていないらしい。街灯があって夜桜見物はできるようですが、開花もまだこれからのよう……。

さらにTwitter検索をしていたら、数年前に友人と訪れた思い出のある東中野の桜並木が最近になって伐採されたことを知りました。ショック!!

線路際の桜が老朽化して「倒木の危険性あり」ということで切ってしまったようです。それは仕方ないとして、地元住民が「新しい木を植えてほしい」と要望する一方で、区やJRからは色よい回答を得られていないとのこと。長年愛された景観が変わってしまうのは悲しいですね。この件は今後も注目していきます。

開花状況はアプリでチェック 

で、今日はどこへ行こうか……? というときに役立ってくれたのが、おなじみのtenki.jpのアプリです。(ウェブサイトでも情報閲覧できます。)

tenki.jp

tenki.jp

  • 一般財団法人 日本気象協会
  • 天気
  • 無料

桜開花情報 - 日本気象協会 tenki.jp

開花状況を桜のアイコンで教えてくれるのが、便利です。ウェブサイトでは地域を選択すると、「ランキング」「桜の見ごろ」「夜桜」など項目ごとに表示してくれます。

私は「夜桜」のページから満開になっているスポットを探して、目黒川を見に行くことにしました。

目黒川の観光情報

詳しい観光情報はこちらのページを参考にしました。

目黒川の花見2018桜の見所と見頃!ライトアップの期間や中目黒桜まつり、お花見クルーズを紹介 | 健康一番

記事によれば、

上流から下流までは4km近くあるので、桜を見ながらゆっくり歩くとかなり時間がかかってしまいます。急いで歩けば良いのですが、桜が咲いているこの時期は混雑でゆっくりしか歩けない時間も多いです。

そこでおすすめは、中流の最寄り駅である中目黒駅から目黒川沿いを上流の池尻大橋方向へ向かい、山手通りとぶつかる手前までです。

(中略)

中目黒から池尻大橋にかけての桜がおすすめの理由は、川幅が狭くなるので両岸から伸びた枝が重なりあい、桜が目黒川を抱いて咲いているように見える景色が美しく、夜にはたくさんの提灯がライトアップされるので昼でも夜でも見物客が多く賑わっています。

目黒川の花見2018桜の見所と見頃!ライトアップの期間や中目黒桜まつり、お花見クルーズを紹介 | 健康一番より(注: 改行を整理し、適宜読点を補いました。)

 Googleマップを見ると、目黒駅〜中目黒駅の間がお花見スポットとして掲載されており一番混雑していそうでした。中目黒からスタートして池尻大橋へ向かうコースは、池尻大橋に近づくほど空いていました。それでもゆっくり歩いて60分、私にはちょうど良かった。

寒い日に2時間も夜道を歩くのは堪えます。私が行ったのは2018年3月25日。暖かい日でしたがコートを着て、歩きやすい靴で行って良かったです。体が冷えたり、足が疲れたりしたら途中で嫌になってしまいそう。

中目黒の駅は混んでいた 

中目黒は初めて降りました。駅の中や改札を出てすぐの交差点では警備員が交通誘導を行っており、人の進みが非常にゆっくりでした。駅の真ん前に有名な蔦屋書店があって、大きめのショッピングモールになっていました。

f:id:giovannna:20180327011441j:plain

川沿いには飲食店やブランドショップが軒を連ね、おしゃれな大人の街といった風情です。普段に来ても楽しめそう。水面からは涼しい風が吹きつけ、きらびやかな夜の街の景色に昨年訪れた京都・河原町を思い出しました。

f:id:giovannna:20180327011439p:plain

中目黒駅から池尻大橋に向かい、川沿いを歩くルートです。直線距離にして1.5km。スマホの電池が切れても迷わないように、ハンディマップルを持っていきました。(結果として迷いはしなかったが、途中で何度か「駅を通り過ぎてないよね?」って心配になりはしました。)

ハンディマップル 東京 詳細便利地図 (地図 | マップル)

目黒川の夜桜【写真12枚】

ここからはスマホ写真でご紹介していきます。

どこを撮っても紅白のぼんぼりが写り込むのが目黒川の桜です。

f:id:giovannna:20180327011435j:plain

f:id:giovannna:20180327011438j:plain

f:id:giovannna:20180327011437j:plain

水面にも紅白の灯りが。

 

暗いところも幽玄で美しい。

f:id:giovannna:20180327011433j:plain

f:id:giovannna:20180327011426j:plain

 

上流の一部では、カラフルな演出がありました。

前掲の記事で紹介されていた通り、ここまで来るとかなり川幅が狭く両側の桜を撮りやすいです。

f:id:giovannna:20180327011436j:plain

f:id:giovannna:20180327011432j:plain

f:id:giovannna:20180327011428j:plain

 

ピンクのライトアップもおもしろい。

f:id:giovannna:20180327011429j:plain

f:id:giovannna:20180327011431j:plain

f:id:giovannna:20180327011434j:plain

f:id:giovannna:20180327011425j:plain

 

道中、月が見守っていました。

f:id:giovannna:20180327011427j:plain

私の感想

上流に行くほど空いていてマイペースで進めるのが良かったです。

両側には途切れなく商店が並んで、お酒や軽食を販売していました。連れがいれば、シェアして食べ歩くのも楽しそう。(私は座ってゆっくり食事したかったので、ここではガマンして池尻大橋の商店街の店に入りました。)賑やかな雰囲気を好む方、数十分歩き続けられる体力のある方にはお薦めのスポットです。

道はほぼ直線上にずーっと続いており、ゆっくり歩いて60分。桜並木を堪能できました。後半にカラフルな演出があるのも、飽きなくて良かった。賑やかな街の雰囲気も込みで楽しむのが目黒川の桜ですね。

この日は仕事帰りで、買い物したりお店をチェックする心の余裕がなかったので、またいずれ、なんでもない時に訪れてみたいと思います。池尻大橋の近くに「目黒天空庭園」という巨大な円柱形の建物があって、内部が気になりました。

今週のお題「お花見」