なにか新しいこと日記

洋裁記事は移転作業中です→https://sewing-giovy.page/

お正月の献立カレンダー・2021年版〜もう、おせちは作らない〜

毎年恒例の『お正月の買い物スペシャル』2021年はコロナ禍のため、少しひかえめに。趣向を変えて、写真と共に献立を記録することにした。毎年お正月のたびに「なに食べよう〜〜」って悩むので!

使った金額は記事の末尾に記した。

[目次]

食事の記録

29日・昼 煮干し系ラーメン

f:id:giovannna:20210101173801p:plain

買い出しで遅くなり、昼はインスタント麺でちゃちゃっと済ませた。
津軽「長尾中華そば」の煮干し系ラーメン。
煮干しぎらいのえむさんも「これは旨い」と言って食べていた。コシが強い麺としょっぱいスープの相性がよい。

29日・夜 カツオのサラダ仕立て

f:id:giovannna:20210101173805p:plain

ふるさと納税でいただいた枕崎のカツオはこれが最後。旧年中は大変お世話になりました。
えむさんの好物だが「プリン体」が多いとわかり、今後はひかえることに……。哀しみ。

30日・昼 たこ焼き

f:id:giovannna:20210101173810p:plain

月1回はたこ焼きを食事の代わりにする。副菜1品とお吸い物があれば、なおよい。
休日の楽しみだ。

30日・夜 だししゃぶ鍋

f:id:giovannna:20210101173830p:plain

f:id:giovannna:20210101173836p:plain

鍋ぎらいのえむさんもこれは「美味しい」と言って食べていた。(←好ききらい多すぎ!)茅乃舎のだししゃぶ。

具材は、

  • 水菜 1袋
  • えのき 1袋
  • 長ねぎ 2本
  • しゃぶしゃぶ用豚バラ肉 200g

2人前なら、これで十分だ。

31日・昼 雑炊(えむ作)

f:id:giovannna:20210101173842p:plain

だししゃぶの残りをグツグツ煮込んで、えむさんが雑炊に仕立ててくれた。(豚バラ2枚追加した)
うまい!!
えむさん曰く「だてに飲み会ばっか行って雑炊作ってねーぞ!」

31日・夜 鴨南蛮そば

f:id:giovannna:20210101173859p:plain

晦日は鴨南蛮。実家の父から受け継いだ奇習である。
レシピは「ヤマキ」のサイトを参考にして適当に作った。鴨は、焼いてしまうと旨味が逃げる気がする。

鴨南蛮そば | おいしいレシピ|ヤマキ株式会社

1日・昼 鴨雑煮・磯辺巻き

f:id:giovannna:20210101173928p:plain

f:id:giovannna:20210101173933p:plain

雑煮のレシピも母から受け継いだものだ。
すまし汁に、ほうれん草と焼いた切り餅と鴨を入れる。片栗粉で衣をつけた鴨が柔らかくジューシーだった。ここに「柿安」の実力を見た!
今年は雑煮以外、おせちらしいおせちは作らず、スルーしてしまった。
きんぴらごぼうに、かまぼこ、伊達巻。あとから中央に磯辺巻きをサーブした。

1日・夜 ホタテのチリソース

f:id:giovannna:20210113115555p:plain

冷凍庫にあったチリソースとホタテ、インスタントの中華スープでちゃちゃっと。毎年3が日はなるべく炊事をしないで済ませる方針である。

2日・昼 磯辺巻 

f:id:giovannna:20210113121632j:plain

寝坊して各自適当に済ませた。えむさんは冷凍のカレーうどんを食べたようだ。

2日・夜 豚肉の青椒肉絲(えむ作)

f:id:giovannna:20210113121646j:plain

f:id:giovannna:20210113115610p:plain

土日は1回ずつえむさんが作ることになっている。

3が日は最寄りのスーパーが閉まっていたため、2人でコープに買い物に出かけた。スーパーの牛肉はいまいちなので豚肉をチョイス。
昼が軽かったので夕方お寿司もつまんだ。コープのお寿司、意外と鮮度がいい。

3日・夜 親子丼(えむ作)

f:id:giovannna:20210113121636j:plain

なんか普通のものが食べたいね、ということで親子丼をリクエストした。うまい。

4日・夜 焼き魚

f:id:giovannna:20210113121640p:plain

いただきものの味噌漬を焼いて食べた。
こういう贈答品の高級な味噌漬をいただいたときは、味噌を再利用して鮭などを漬け込むことにしている。だって、たっぷり味噌が入っていて、捨てるにはもったいないんだもの。人にはおすすめしないが、毎回やっている。今回は相当量が入っていたため、鮭の切り身2つ、鶏もも1枚がゆうに漬けられた。

5日・夜 エビと豆腐の中華あんかけ風

f:id:giovannna:20210113115624p:plain

疲れた胃腸を休めるメニュー。

6日・夜 信州くるみそば

f:id:giovannna:20210113115629p:plain

いただきものの信州くるみそばを、ありがたくいただいた。「くるみみそ」というのを初めて知ったが、近所のスーパーでも売っているものらしい。こういう変わったものは案の定、えむさんは受け付けず、彼はいつものにんべんのつゆで食べていた。

6日・夜 豚バラと大根のオイスター

f:id:giovannna:20210113180536p:plain

7日・昼 七草がゆ

f:id:giovannna:20210113115650p:plain

 

f:id:giovannna:20210113115640p:plain

f:id:giovannna:20210113115645p:plain

フリーズドライの七草をいただいたので、七草がゆを作った。全がゆを炊いて、炊き上がりに混ぜるだけ。簡単でいい。
ついでに冷凍庫にあった刻み小松菜も混ぜて食べた。少し塩気があった方がいいな、鮭フレークとか……。

この時期はスーパーで七草を売っているが、調べてみると刻んだり茹でたりと工程がめんどくさい。来年は鮭フレークと小松菜で簡単・2色がゆにしようかな〜。

7日・夜 ミラノ風カツレツ

f:id:giovannna:20210113115654p:plain

お正月の締めくくりはえむさんの好物・ミラノ風カツレツ。毎日せっせと運動をしてやっと少し痩せ始めた……ということで景気付けにいっちょ揚げた。
落合シェフのパーフェクトレシピを参考にしつつ、豚ロースを使用したら、さっぱりしていた。
片面を少量の油で揚げ、もう片面は油を拭き取り、焼いて仕上げる。2つのフライパンで同時進行した。どちらかと言うと「焼き」の工程を鉄のフライパンにするべきだったな〜〜。

2021年の買い物リスト

専門店で購入したもの

  • すき焼き肉(切り落とし)250g・・・1,550円
  • しゃぶしゃぶ用豚バラ肉(セール品)200g・・・733円
  • 合鴨ロース・スライス 300g・・・2,128円
  • 味付け数の子 300g・・・1,980円【通販】
  • 冷凍ホタテ 1kg・・・計算外(えむさん購入品)【通販】
  • ふるさと納税鳥取米子市)大山ハムのセット・・・計算外

小計 6,391円

スーパーで購入したもの

  • 松前漬の素・・・448円×2
  • 【鈴廣】かまぼこ 240g・・・780円
  • 【紀文】甘さひかえめ伊達巻 140g・・・308円
  • 山形のとびきりそば 495g(増量中)・・・398円
  • 至高の餅 700g・・・979円【通販】

小計 3,629円(3,361円+税)

f:id:giovannna:20210101173904p:plain

酒・飲み物

小計 1,263円(1,162円+税)

合計 11,283円

買い物メモ

これまで使えずにいた商品券が5,000円分あり、デパ地下での買い物に充てた。

今回利用したのは新宿小田急にある「柿安」。

クリスマスに食べたすき焼き用の肉は、ケチって切り落としを買ったら硬くてがっかりした。しゃぶしゃぶ用の豚肉はその半分の値段で美味しくいただけて、コスパが高い。

前年にスーパーで買った鴨はえむさんから苦情が出たため、鴨も「柿安」で購入した。鴨南蛮のときにはあまりわからなかったが、雑煮で食べた鴨がジューシーで旨みがあり、如実に差を感じた。2人で300gでは多かった、来年は240gくらいで十分だろう。

ハムや加工肉のたぐいは、11月の初旬にふるさと納税をしたら、ちょうどいい時期に返礼品が到来してお正月まで保存することができた。11月後半〜12月に入ると申し込みが殺到して間に合わない可能性が高い。(経験済み)

「大山ハム」は非常におすすめの返礼品だ。わが家では半分料理に使い、半分はえむさんの肴になった。正月までに食べきれない分は冷凍した。

f:id:giovannna:20210113180542p:plain

松前漬は毎年2袋ずつ買うが、少し飽きた。来年は1袋でいいな〜。

例年同じ店で同じものを378円で買っていたのに、今年に限って70円も値上がりしていた。来年は数週間早めに買っておこう。

逆に餅だとか、数の子は出足が遅く、直前期(29日以降〜)までスーパーではいい品が買えなかった。

毎年購入する紀文のお正月セットは、大晦日には売り切れていた。

毎年山積みになって年明けまで残っているぐらいなのに、今年は帰省する人が少なく暮れは大混雑だったようだ。きっと2022年も似たような状況になるだろう。この買い物メモが来年役に立つはずだ。

そばはいつも信州そばを買うが、年末に信州そばを差し入れでいただいたので、年越し用はあえて山形のそばを選んでみた。山形のそばもうまい!

f:id:giovannna:20210101173854p:plain

献立のふりかえり・感想

クリスマス頃から週に1回ずつ、少し「ごちそう」感を出しつつ 、おせち料理はほとんど作らなかった。お正月後半は通常メニューに戻しつつ、胃腸を休める方針で献立作りはうまくいったと思う。

今年はたまたま正月早々生理で寝込んでしまい、昼は軽食で済ませた。それでなくても大体毎年盛大に寝正月を過ごすので、お正月は「なにも作らない・インスタントありき」で対策するのが良さそうだ。

コロナ禍では1人で買い出しに行くしかなく、なるべく混雑を避けて買い物を分散したい事情もあり、無駄も多かった。次回は無駄を削って賢く買い物できるよう努めたい。