ラブイン愛内氏と午後のランデヴー

f:id:giovannna:20180404015036j:plain

ジョヴァンナです。こんにちは!

ほぼ毎日新宿で仕事しているのに、この頃は休みの日まで用事ができて、私ってば、年間300日ぐらい新宿にいるかもしれない。区民でもないのに……。「今日も新宿行くべ」と支度をしていたら、こんなツイートを見つけました。

今一番hotでcoolなFreeWorkCreatorのラブイン愛内(あいない)さんです。

愛内さんと言えば、特徴的な「愛内ブルー」に縁取られたポップでキュートなイラストでおなじみ。2018年1月からは、総勢30名のブロガーのリクエストに応えてオリジナルイラストを描く「無料アート企画」に邁進していらっしゃいます。

 

こんなクールでスタイリッシュな画風や……

 

デジタルとは思えないような重厚感ある作品も、自由自在。

 

ツイキャスで話しながら制作している日も多く、この日はたまたま前夜の配信を聴いていたので、新宿での目的地もわかっていました。うーん。時間帯といい、エリアといい、ニアミスなんだよな〜。

「お互いにツイキャスで声を聞いたことある」という気安さで、名乗りを上げてみました。

おはよう。

どなたも応募がなかった場合は、私がおやつを提供します。 

と。このようにして4月某日、突如オフ会を開く運びとなりました。

 

若き天才アーティストに、おやつやコーヒーぐらいごちそうして差し上げたいと思うし、もしも食べるに事欠いているようであれば、大戸屋の定食ぐらいふるまうにやぶさかではありません。(実際にはそんなことはなかった。失礼いたしました!)

私がお金持ちなら、ぜひ、彼に作品を注文したいと思うんだが……。

圧倒的予算不足!!

 

新宿・午後のオフ会

それぞれの用事が終わってから、新宿東口で待ち合わせしました。

高野フルーツパーラーでパフェを食べました。

f:id:giovannna:20180404013653j:plain

静岡産マスクメロンパフェ

高野のパフェは上等のフルーツとシャーベット、生クリームで構成されていて、余計な嵩増しがないところが好き。たまの贅沢です。糖分ももちろん、ダイナマイト!

パフェリオ本店 | タカノフルーツパーラー&フルーツバー

 

その後コーヒーを飲みながら、スケッチブックにサラサラ〜とイラストを描いてくださいました。

目の前で描かれるのはこっぱずかしかった。実物よりだいぶ可愛いです。

f:id:giovannna:20180404013654j:plain

ラブイン愛内作・ジョヴァンナイラスト

愛内さん、ありがとう!

 

コーヒーを飲みながら、大好きな画家アルフォンス・ミュシャの生涯について話をしました。あとはご質問を受けて、私がなぜ専門職を志したかっていうライフヒストリーをお話しました。

大学4年にして「企業で働く」ビジョンが全く浮かばず、就活に行き詰まってしまい、アルバイトをしながら半年間就活を休んだこと。最終的に「これぞ」と思う学問と出会って、大学を卒業した後で再度学び直す意思を固め、学費を稼ぐために頭を切り替えて就職したこと……。

「20代でフラフラしているとか、方向性を変えること、新しく勉強を始めることが遅すぎるとは思わない。私がそうだったから」

「回り道はしたけど、20代で『これ』という志を見つけられたことは、ラッキーだったと思う」

10年前の自分を思い描いて、励ますように話しました。 

愛内さんからはプライベートの話、フリーランスとして仕事を受ける上での苦労をお聞きしました。

思いもよらないような方向に話が飛ぶのが、おもしろかった。メッセージを送った時点では、まさか、こんな真剣に話し込むことになるとは想像だにしませんでした。

こんなこともあるんだね〜。 

駅前でゴハンを食べて解散しました。コーヒーと夕食は愛内さんがごちそうしてくださったので、フィフティ・フィフティである!

ラブイン愛内氏の人となり

さて、ここまでお読みになった読者の皆様が一番気になっているのは、愛内さんの人となりではないでしょうか。

えーとね、とりあえず、しゃくれてはいなかったです。頬もげっそりしてない、爽やか好青年タイプ。自画像とちがう!!

そして、大変気持ちの優しい方ですね。言葉を飾るってことをしないから、本人は口下手のように思って気にされている様子でしたが、私にしてみれば、アーティストはそんなことをする必要ない。作品は雄弁ですから。

 

次の作品も、楽しみにしています!