なにか新しいこと日記

東京在住、30代。新しいことにトライした日々の記録です。

80・90年代の歌謡を歌うのだ!

ジョヴァンナです、こんにちは。

Twitterに流れてきたおさっぴろさんの記事を見て唐突に思い出したんですが、私がヒトカラ行くようになったのって明らかにおさっぴろさん他、カラオケ好きのはてなブロガーの影響なんですよね。

カラオケは好きだけど社会人になってからはいっしょに行ける人がいなくて、10年位ほとんど行かない時期がありました。ヒトカラの記事を読んでいるうちに「一人で行けばいいじゃんか」と開き直って、デビューしたのが今年の夏のこと。

でも、やっぱりヒトカラはさびしい……。合間にTwitter見たりつぶやいたりして、そうこうしているうちに絡んでくれる人が現れて「カラオケオフ」なんかもやりました。またお誘いあったので今度別の人とも行きますけど、何歌おうかな……?

 

学生時代に私がよく歌っていたのは椎名林檎とかポルノグラフィティ、友だちの影響で菅野よう子の楽曲(ほぼアニソン)。あと、親が聴いてた80年代の歌謡曲が大好きなんです。

f:id:giovannna:20171023050256j:plain

私が最も歌いやすいのは杏里。有名なのは『CAT’S EYE』『オリビアを聴きながら』『コットン気分』ですが、私はもっと悲しい歌が好きです。『スノーフレイクの街角』『嘘ならやさしく』『悲しみが止まらない』など。

 

嘘ならやさしく

嘘ならやさしく

  • 杏里
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

杏里が歌う女性像は、悲しいときに「悲しい」って口に出せる素直な人。でも別れた恋人にすがったりはせず、潔く離れていくんです。「幸せになってね」って優しい言葉だけをかけて。

幸せなときは誰しも人に優しくできると思うよ。でも、心がはり裂けそうなときにも最低限の思いやりを忘れずにいられるのが本当の「いい女」だと思う。

 

もう一人大好きなのが、井上陽水。歌詞の叙情性とシュールさがたまらない!

私の親が初めて車を買ったときに車についてきたテープを、家族でドライブするたびに擦り切れるほど聴いたので、杏里と陽水は幼な心にしっかりと刷り込まれました。

『とまどうペリカン』『リバーサイドホテル』『コーヒー・ルンバ』の3曲がものすごく好き。意味がないのが最高です。

だけど、カラオケでは『新しいラプソディー』『いっそセレナーデ』『心もよう』あたりのバラードが穏当かな。『ジェラシー』『愛されてばかりいると』なんかも歌っちゃいます。

 

リバーサイド ホテル

リバーサイド ホテル

  • 井上陽水
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

中島みゆきもよく歌いますが、部分的にしか知らない。『空と君のあいだに』より後の社会派ソングが好きです。昔のラブソングは正直あまりピンときてなかった。でも、2008年に工藤静香がカバーした中島みゆきのアルバムというのがあって、これを聴いたら「いいな!」と思いました。 

MY PRECIOUS -Shizuka sings Miyuki-

MY PRECIOUS -Shizuka sings Miyuki-

  • アーティスト: 工藤静香,中島みゆき,松浦晃久,澤近泰輔,瀬尾一三,市川淳,前嶋康明,坂本昌之
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2008/08/20
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 79回
  • この商品を含むブログ (15件) を見る
 

 工藤静香が初めて好きになった。アイドル時代の映像を見るたび甘ったるい声だと感じていたのが、大人になって程よく甘さが中和されたような……。そして彼女のスウィートボイスと中島みゆきのヘヴィな歌詞がマッチしてちょうどいい感じ。

このアルバムの収録曲もほとんど80・90年代の歌謡です。

  

これをよく聴いていた当時の私は20代後半。自分が歌うとなると、そこまで入り込んでは歌えませんでした。ところがAmazonプライムに入っているのを見つけて久々に聴いてみたら、今の方がよりしっくりくる。『激情』『雪・月・花』『土用波』なんて、よく私20代で歌ったな〜と思う。この歌の意味を半分しか理解していなかったんじゃないかな。恋する情熱は持っていたとして、あきらめ、手放すことの愛を知らなかったと思います。

声も年齢を重ねるごとに変わるから、静香の年齢を考えても今歌うのがちょうど良さそうです。

 

激情

激情

  • 工藤静香
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

あとね、さるお方から「デュエットしましょう!」とお誘いいただいて、検索したんです。男女デュエット曲ってどんなのあるかなと思って……。ハモリはできないから、完全にパートが分かれている曲の方がいい。でとりあえず課題曲が決まったんですが、検索しているときに『A.S.A.P.』のPVを見つけてしまって衝撃を受けました。

工藤静香と石橋貴明のデュオです。1997年の曲。当時私は高校生で『うたばん』で流れるのをくり返し観た記憶があります。


【PV】Little Kiss~A.S.A.P.~(高音質)

 

これ、今だったら絶対にテレビに流せないやつ……! 貴さんがエロかっこいいなと思って当時は観てましたけど、テレビバージョンはなんかうまいことカットして編集していたんでしょう。フルバージョンを初めて観たら、あまりに妖しすぎて笑いました。

工藤静香も細すぎるし。当時27歳。美しい! 貴さんは36歳、色気ありますね〜。

 

ここまでセクシーな雰囲気を強調するデュオって、今あるのかな? コマーシャル的にできないってことでもあるのかもしれないし、また、セクシャルな雰囲気を匂わせる曲って今はダサいと思われてるんじゃないかな。どう思いますか?

 

私はブログでは「好き好き」言ってるけど、実生活ではそこまで愛情表現ってしない……かもしれない。恥ずかしくなっちゃう、やっぱり。でも歌だと、エモーショナルに情熱的に歌うのが好きです。その方がおもしろいから!

 

次は女子会なので、女性ボーカル曲多めにして工藤静香歌おう。『A.S.A.P.』は一人で歌ってきますね!