ほぼ日手帳2023【weeks】ど派手な花柄を選んだ!

毎年9月1日に発売されるほぼ日手帳

今年もウィークリータイプを選んだ。

新宿ミロードにあるロフトは渋谷と比べて売り場が小さいので、扱いがあるのかどうか心配したが杞憂だった。(下敷き、シールなどのアクセサリはともかく、私が見たかった【weeks】は大体揃っていた。)

 

今年はド派手な花柄を選んだ。山口一郎というアーティストによるイラストだ。
明るくていいな!と思って。

山口一郎 / HANATABA no.3 [weeks]ほぼ日手帳2023より

ちなみにこの柄、公式サイトでは早々に売り切れ、10月下旬に再販予定だそうだ。(楽天ではまだ在庫があるところもある。)

お客様の前で取り出すものなのでなるべく見た目に心地よく、コドモっぽくないカバーを選んでいる。

過去のほぼ日手帳コレクション

こうして見ると、意外と柄物が多いな!
柄好きだったんだ、私。

手帳といっしょに買うもの

毎年、文房具コーナーを物色して新しいものを試すのも楽しみの一つだ。

筆記用具

ボールペンは定番のジェットストリーム3色。

今年は新たに手帳の方眼のサイズに合った修正テープを購入した。

これまで、手持ちの太い修正テープを無理矢理使っていたが、マス目からはみ出すし、ほぼ日の紙質にぴったり沿わず、端から浮いて剥がれたりするので使い勝手が悪かった。
細いテープだと整然と美しく引けて、気持ちがいい。

もっと早く買えば良かった!

1日1ページタイプ……3.7mmの方眼に対し4mmがおすすめ

ウィークリータイプ……3mmの方眼に対し2.5mmがおすすめ

クリアカバ

また「表紙がちょっとぐらい汚れても気にならない」という人以外は透明カバーは必ず買った方がいい。

今年(2022年)のはじめ、私は油断してPU製(ウレタン)のカバーを裸で使っていたら、インクの汚れなんかがうっすらついて縁が黒ずんでしまった。

ニュアンス / ミントソーダ [weeks]ほぼ日手帳2022より

 

「激落ちくん」でこすったり、消しゴムでゴシゴシやってなんとか汚れを落としたが、以来、PU製のカバーにもクリアカバーを掛けて使用している。

本革やビニールコーティング以外は掛けた方がよい。
(ちなみに、2023年のシリーズでは「スムース」のスイートピンク、ラムネ、ミルクティーの3色がPU製。)

手帳バンド

手帳バンドは去年買ったミドリのものが使いやすく、愛用中だ。掛け外しがラクで、公式ショップで扱っているものより使いやすいと思う。
サイズはB6用がぴったりだ。

終わりに

スケジュール管理はできるだけシンプルにしておく方がまちがいない。
その点、ほぼ日【weeks】は必要最低限の機能に絞り、コンパクトなところが気に入っている。

 

今年(2022年)のPU製のカバーは、当初開きにくいところが気になったが使っているうちに慣れて、グイッと伸ばしてほぼ180度オープンできるようになった。

綴じ方もいつのまにか改良されたらしく、開いたり閉じたりで繰り返し酷使しても、ぽろっとカレンダーが取れるようなことがなくなった。
おかげさまでかなりの過密スケジュールをこなしているが、今年は一度も本の補修テープを貼らずに済んでいる。

頼りになる私の相棒だ。

関連記事

PU製のカバーの紹介は2022年の記事に。

something-new.hatenablog.com

毎年藤子・F・不二雄ミュージアムが企画して出している限定版(OEM)も、大人っぽくて素敵なデザインだ。

something-new.hatenablog.com