2021-04-23から1日間の記事一覧

萩尾望都・著『一度きりの大泉の話』を一読しての感想

2016年に出版された竹宮恵子・著『少年の名はジルベール』を大変おもしろく読んだ。 something-new.hatenablog.com と同時にうっすら違和感も抱いた。同年代の漫画家たちとの交流や、女性ばかり4人で海外旅行に行ったエピソードを紹介していながら、写真の掲…