ダニアレルギー治療2年目 薬との付き合い方・治療費【備忘録】

f:id:giovannna:20210510051445j:plain

今年の花粉症はひどかった

ダニアレルギーの舌下免疫療法を始めて1年が経った。

ダニに関してはそこそこいいのだが、スギ花粉が飛散し始めてから体調が悪化した。昨年までなかった症状を自覚し、明らかに悪化したと言える。

毎日抗アレルギー剤を服用してなお、不快症状に悩まされた。

  • 目のかゆみ
  • 鼻づまり
  • 夕方になるとぼーっとして、強い眠気が出る
  • 喉のイガイガ、不快感、喉の痛み

耳鼻科で「喉の痛み」を訴えたらどうなるかと思ったら、渡航歴やその他の感染症状がないかたずねる予診票を1枚書かされるだけだった。

先生は鼻の奥をのぞいてひと言「かなりふさがってますね」
どうやら口呼吸のために喉をいためてしまったようだ。

薬代の内訳

過去の処方内容 調剤技術点 薬剤点 自己負担金
ミティキュア28錠 ダニ舌下錠 77 588 1995
テザレックス28錠 抗アレルギー剤 77 168 735
モメタゾン112噴霧 点鼻薬 10 139 447
アレジオンLX5ml 点眼薬 10 352 1086
レボカバスチン 点眼薬 10 37 141
エチゾラム28錠 デパス 85 28 339

(上記の他に調剤基本料、薬剤服用歴管理指導料、夜間休日加算がかかる)

3月に処方していただいたのは、舌下錠、抗アレルギー剤、デパス、目薬。(点鼻薬は余っているから今回カット)
28日分の薬の自己負担が4,640円にのぼり、驚いた。 

 

明細をしげしげ見ると目薬が高い。コンタクトレンズ装用中でも使えるものにしてもらったら、それが高かったようだ。
昨年の処方箋を見たらレボカバスチンという薬が出ていて、価格は10分の1。来年はこっちがいいな……。

デパスは医師に相談の上、眠れないときだけ使っている薬だ。だいぶ余っているので次回は要らないだろう。

また、耳鼻科が混んでいるため診察が19時過ぎに及ぶのは仕方がないのだが、薬まで夜間に出してもらう必要はないと気がついた。
次回から、薬は、昼間職場の近くの薬局で受け取ることにしよう。 

薬代を節約するコツ

  • 目薬はコンタクトを着ける前に使用し、安い方を処方してもらう。
  • 頓服薬は必要な分だけもらう。
  • 夜薬局に行くのをやめて、昼間にもらう。(夜間加算40点=120円を節約)

山本漢方の甜茶を1か月のんだ

抗アレルギー剤だけでは症状を抑えきれないので、今年は甜茶てんちゃを買ってきてのんだ。
バラ科甜茶にはヒスタミンを抑える作用があり、体質にもよるのだろうが、私にはよく効く。

  • 朝1番に500ml湯を沸かし、沸騰したところにティーバッグを入れて3分煮出す。
  • このとき、グラグラやるとえぐみが出るので静かーーーに煮る。
  • 3分経ったら、ティーバッグはすぐに捨てる。(入れっぱなしにしておくと、渋くなる)
  • なるべく温かいうちに飲むか、冷めたものは温めて飲む方が美味しいように思う。

プーアール茶みたいに、クセがある味だ。
味は嫌いだが、よく効くので我慢して毎日飲んだ。

 飲んでいると、目のかゆみと喉の痛みがなくなり、快適だ。
夕方になると襲いかかってくる眠気には変化がない。(=効かない)

終わりに

ダニの舌下免疫療法を1年やって、ダニアレルギーは治まってきたように思う。
一方花粉症はひどくなった。2月20日〜3月30日まで夕方の眠気に悩まされ、ある日突然に終わった。


友人に訊いてみると、症状がなくなった日は3月31日頃で一致している。これには驚いた。
花粉症って、そんなに境目がはっきりしているものなのか……!

 2021年5月の連休明けからスギの舌下免疫療法を始める予定だ。(主治医の指示でその時期ならよいと言われている)

ダニとスギと両方やって薬代は3,000円くらいと聞いているが、点鼻やデパスも欲しいので結局4,000円くらいかな。
少しでも医療費の無駄遣いは慎み、効率的に治療を続けたいと思う。