10年間布ナプキンを使い続ける私のお気に入り【レビュー】

f:id:giovannna:20190528161058j:plain

以前、布ナプキンについて紹介する記事を書きました。

みんなに知って欲しい「布ナプキン」の話 - なにか新しいこと日記

上記の記事には商品レビューをのせていなかったのですが、これから使ってみたいという初心者のために、私なりに使用した感想を紹介してみようと思います。

口コミ・レビュー

1. 軽い〜普通の人向け:一体型の「ウィムーン」

めんどくさがりの私は『ウーマンケアネット』の管理人様おすすめの「ウィムーン」を長年使っていました。これ一枚をスナップで止めれば終わりで、気分的にお手軽です。

オーストラリア生まれのウィムーンは色鮮やかではっきりしたデザインが多く、使用していて気分が良かった。

  • 多い日はMAXIサイズ(長さ27cm)
  • 普通の日はスリムタイプMサイズなど(長さ24cm)

MAXIは吸収体が分厚く、しっかり吸い取ってくれます。その分しっかり中まで洗えているのだろうか……と洗濯には若干の不安がありました。私は何度も水を変えてジャブジャブ手洗いした後、洗濯機に入れていました。

30代で体質が変わって「多め」になってから、何枚も持ち歩いたり、洗濯するのが大変でウィムーンはあまり使わなくなりました。

どちらかと言うと軽め〜普通ぐらいの人におすすめです。スリムタイプは汚れ落ちがよく、清潔に使用できます。

 (画像がないのでAmazonを貼っておきますが、最近Amazonではめっきり取り扱いが少なくなりました。)

2. 多い人向け:パット交換型の「白うさぎ」

1〜2年前に友人からプレゼントされて「交換型」を使うようになったら、「一体型」より便利で吸収力も優れていることに気づき、こればかり使うようになりました。

ホルダーは1日に1枚あれば、こと足ります。むしろ吸収パットの方が重要!

「白うさぎ」のネルの布を四つ折りしてホルダーに挟み込んで使用すると、多い日もしっかり吸い取ってくれて、すごくいいです。直接デリケートな部分に当てるものとして、肌当たりも最高。

f:id:giovannna:20190528161054j:plain

「白うさぎ」の無漂白ネル(左から)L・Mサイズ

吸収力は「ウィムーンMAXI」より上。畳むと小さくなるので荷物は少なく、広げて洗濯できるので経血が落ちやすいです。

「白うさぎ」は無漂白の生成りの生地を使用したシンプルデザインが特徴です。見た目可愛くはありませんが、とにかく実用的。

  • 多い日は「白うさぎ」のLサイズ…長さ26cm×30cm(四つ折りタイプ)
  • 普通の日は「白うさぎ」のMサイズ…長さ26cm×23cm(三つ折りタイプ)

ホルダーは形と長さが合っていればなんでもいいと思う。多い人には26cm以上あるものを勧めます。

私は「すいーと・こっとん」というメーカーから選んで買いました。「すいーと・こっとん」はその名の通りスウィートで可愛らしいデザインが多いです。

f:id:giovannna:20190528161055j:plain

「すいーと・こっとん」のホルダー(例)

f:id:giovannna:20190528161056j:plain

同上:使用するときにゴムバンドを白い方に返してパットを挟み込む

3. 節約するなら手作りナプキンも

20代の頃は節約のため、『ウーマンケアネット』の管理人様が無料公開している型紙を利用し、「わのなぷ」を自作して使用していました。
「わのなぷ」は使用感が良く洗濯も楽で最高でした。裁縫の手間をいとわない方におすすめです。コットンネルの生地は手芸店などで安価に購入できます。

布ナプキンの作り方 手縫いで簡単に作る方法/布ナプキンビギナーのための布ナプ生活ガイド

4. 古Tシャツの再利用がおすすめ

私は今も古くなったTシャツやインナーの身頃を4つ切りくらいにカットして、生理の終わりの時期に使い捨てにしています。
「すごく少ない日」は経血がベタベタして落ちにくいので使い捨ての方がいいです。

コットンのスムース生地なんかは肌当たりもよく、布ナプキンの代用に最適です。薄いと経血が浸透してしまうので、4つ折り程度に厚く折りたたんで使用してください。

使用数

経血の量や性状は人それぞれですが、参考までに私の使い方を紹介します。

  • 多い日:ホルダー1枚と「白うさぎ」のLサイズが3〜4枚
  • 多い日の夜:ホルダー1枚と「白うさぎ」のLサイズ1枚
  • 普通の日:ホルダー1枚と「白うさぎ」のMサイズが2〜3枚
  • 終わりの方のすごく少ない日:ホルダー1枚に、Tシャツを小さく切った布などをあてる

予備として「ウィムーン」を1枚ぐらい余分にポーチに入れて持ち歩いています。(ウィムーンの上にネルの布を敷いて使うこともある。)

 

多い日はLサイズのパットを頻繁に交換しますが、普通の日はMサイズのたたみ方を変えてきれいな面を出せば、1枚で半日くらいもちます。

多い日が何日ぐらいあるかで、全体の必要量は変わってくると思います。
最初に5,000円ぶんぐらい投資して、自分の必要量を見極めた上で再度注文するのがおすすめです。 

購入できるサイト

私がはじめて布ナプキンを購入したのが『布ナプキン.jp』でした。ウィムーン、白うさぎなど多くのメーカーの取り扱いがあります。(5,250円未満の送料は500円)

布ナプキン.jp

調べるのがめんどくさい人は、こちらで「はじめてセット」「おためしセット」などセット化されているものを購入するのがいいと思います。

 

布ナプキンについて、より詳しく知りたい方は『ウーマンケアネット』がおすすめです。ここは通販サイトではありませんが、個人の方の運営で国内・海外の布ナプキンの紹介とレビューがまとめられていて便利です。

布ナプキンコレクション・コットン、リネン、シルク、23社の製品一覧

 

Amazonでも「布ナプキン」を検索するといろいろと出てきます。ざっと見る限りでは「すいーと・こっとん」が比較的リーズナブルで定評のあるメーカーだと思います。

「すいーと・こっとん」は自社の通販サイトを持っていて、こちらの方が商品ごとに分類されており見やすいです。(送料実費で良心的。)

布ナプキン - オンラインショップ | 布ナプキンのお店 | すぃーと・こっとん

 

布ナプキンは1〜2年使用してゴワゴワしてきたら交換時期です。
私は今回は「すいーと・こっとん」の通販でホルダーを購入し、パットはAmazonで「白うさぎ」をまとめ買いしました。

白うさぎの布ナプキン L(四つ折り)

白うさぎの布ナプキン L(四つ折り)

 
白うさぎの布ナプキン M(三つ折り)

白うさぎの布ナプキン M(三つ折り)

 

洗剤は布ナプキンの通販サイトやAmazonで購入できます。おためしサイズもあり。500g入りが500〜600円ぐらいで、ざっと2年ぐらい使えます。

アルカリウォッシュ 500g

アルカリウォッシュ 500g

 

まとめ

  • 軽い〜普通量の人……一体型の「ウィムーン」などがおすすめ。《参考価格: 1,600円程度》
  • 多い人……「白うさぎ」のパットLと、ホルダーは好きなものを組み合わせで《参考価格: パット400〜500円、防水ホルダー1,500円程度》
  • 節約したい人……手作りの「わのなぷ」がおすすめ